ページの先頭です

ウツギノヒメハナバチ

[2012年1月25日]

ID:116

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ウツギノヒメハナバ チ

ウツギノヒメハナバチ

学名はアンドレナ・プロストミアス。北半球の温帯圏に棲息する小~中型の地中営巣型のハナバチの一種です。日本には82種が棲息し、体長は10~13mmです。
5月下旬~6月中旬に成虫となり、土から飛び出し、ウツギ(卯の花)の花粉と蜜を求めて一帯を乱舞する様子は、“初夏を告げる風物詩”としても有名です。

▲楽音寺境内に乱舞する20万匹のウツギノヒメハナバチ
■提供/新潮社「FOCUS」
PHOTO:桑原英文氏

ウツギの花とウツギノヒメハナバチ

ウツギの花とウツギノヒメハナバチ

巣穴に花粉と蜜を運ぶ雌バチ

巣穴に花粉と蜜を運ぶ雌バチ

花粉だんご

花粉だんご

越冬中の幼虫

越冬中の幼虫

ウツギのなかま

ヒメハナ公園には、ウノハナをはじめタニウツギ・ハコネウツギ・サラサウツギ・ガクウツギ・ヒメウツギ・バイカウツギ・ブットレアなどのウツギが山裾に植栽されており、5~7月にかけて可憐な花を咲かせます。

ウツギ

ウツギ

茎が中空になるので空木、卯月に咲くのでウノハナと呼ばれています。
「万葉集」に24首も詠まれるなど、昔から人びとの生活と結びつきも深く、まつわる故事伝説の多い花です。

タニウツギ

タニウツギ

別名をベニウツギといい、5から7月にかけて、散房花序に淡紅色または紅色の花を2、3個ずつつけます。

ブットレア

ブットレア

フサフジウツギの和名があり、7~10月、細長い円錐花序に淡紫色の花を咲かせます。花は甘い芳香をもち、蜜も豊富なことから蝶が好んで群がります。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

組織内ジャンル

各支所・関連施設山東支所

お問い合わせ

朝来市役所各支所・関連施設山東支所

電話: 079-676-2080

FAX: 079-676-2696

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る