ページの先頭です

美術館展示案内

[2019年8月20日]

ID:184

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

美術館展示案内

1階アトリエ室

あさご芸術の森美術館開館20周年記念企画

≪森の中から物語をつくる≫

 「Artist-in-residence program works展」

  4人の作家が30日間の滞在で制作した作品を展示します。

  彫刻家:ヴァンサン・ペラーロ、青野セクウォイア、クボタケシ

  映像作家:林勇気

 会期:8月17日(土)から9月1日(日)

展示風景

2階企画展示室

あさご芸術の森美術館開館20周年記念展

『はしもとみお木彫り展~森で見つけたどうぶつたち~』

 「あさご芸術の森美術館」が1999年に開館してから20年になります。その記念展として、動物たちの姿に託して、はかない命に心を寄せる「はしもとみお木彫り展~森で見つけたどうぶつたち~」を開催します。

 「芸術作品ではなく、たったひとりの、目の前に生きている、生きていた、生き物たちです。」1995年の阪神・淡路大震災を経験したはしもとみおは、「失われていく命」に強い関心を示します。素材の木(クスノキ)に新たな命が彫り出され、犬や猫などの姿に変え、今によみがえります。鑿痕(のみあと)が残る作品と向き合うとき、人と動物という関係ではなく、生きとし生けるものとして切っても切れないつながりが伝わってきます。彫刻という形の永遠の命を与えられた動物たちは、「芸術作品」を超越した存在として、一層の輝きを増します。

 素材との対話、動物たちとの対話を通して展開するはしもとみおの世界は、身近で「かわいい」部分と野性的な「自然の偉大さ」を教えてくれます。

   会期:7月13日(土)から9月1日(日)まで

展示風景

ギャラリー四季彩

≪森の中から物語をつくる≫

 「2019/Artist-in-residence program in IKUNO-ASAGO」

  朝来市生野町に滞在して、あさご芸術の森にあるギャラリー四季彩で「明楽和記氏」と「八木シンジロウ氏」が23日(金)まで滞在制作を予定しています。アーティスト滞在時はぜひ制作風景をのぞいてみてください!その後、制作した作品をギャラリー四季彩に展示します。展示期間は8月26日(月)から9月1日(日)ですので、お楽しみに!

2019/Artist-in-residence program in IKUNO-ASAGO

2019/Artist-in-residence program in IKUNO-ASAGO

これからの展覧会予定

・1階アトリエ室

・2階企画展示室

 「第8回あさごアートコンペティション2019 優秀マケット展」

 会期:9月14日(土)から10月27日(日)まで

 

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

組織内ジャンル

まちづくり協働部芸術文化課(あさご芸術の森美術館)

お問い合わせ

朝来市役所まちづくり協働部芸術文化課(あさご芸術の森美術館)

電話: 079-670-4111

FAX: 079-670-4113

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る