ページの先頭です

文化施設

[2012年1月25日]

ID:209

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

朝来市生野マインホール

マインホール

 418席のホールです。演奏会や講演会はもちろん、発表会や総会などにご利用されています。ピアノや音響設備も充実しています。

朝来市和田山ジュピターホール

ジュピターホール

 残響時間約2秒のコンサートホールとして、また、講演会や各種催しの会場として住民の好評を得ています。ゆったりとした客席800の大ホールのほか、リハーサル室、会議室など設備も充実しています。

朝来市さんとう緑風ホール

さんとう緑風ホール

 一度に約600人が集うことができるさんとう緑風ホールは、各種イベントに利用されています。
 1階は山東老人福祉センターになっています。

朝来市あさご・ささゆりホール

あさご・ささゆりホール

美しい音色を楽しんでいただくための本格的なホールとしてさまざまな機能を備えています。最新の舞台装置・音響・照明装置に加え、世界の最高級ピアノ「スタンウェイ製ピアノ」を設置しています。また、ホール全体が楽器として響き、豊かな音楽に包み込まれる心地よさを体感できる普遍的な空間となっています。

朝来市和田山図書館

和田山図書館

 但馬初の本格的な図書館として平成7年にオープンしました。現在、蔵書約107,000冊、インターネットによる蔵書検索が可能となっています。建物は木材を使用した設計で、心地よい読書環境を整えています。

朝来市あさご森の図書館

あさご森の図書館

 約3万冊の蔵書を整備し、ゆったりと読書できる空間を設けており、家具についても、木製を基本として、温かみのある雰囲気を醸し出しています。
 建物は地球温暖化防止のための対策技術を用いたエコハウスであり、また、地域住民の方が書籍等を通じてさまざまな学習活動を行う生涯学習施設としての図書館でもあります。

朝来市あさご芸術の森美術館

あさご芸術の森美術館

 あさご芸術の森美術館は、広大な野外彫刻公園と屋内の美術館によって構成される、新しい芸術空間です。美術館は、雄大なロックフィルダム(関西電力多々良木ダム)の直下に位置し、展示室とアトリエ室、芸術等の情報を提供する情報コーナーがあり、朝来町出身の文化功労者淀井敏夫氏の生涯作品を屋内外に常設展示するほか、あさご芸術の森大賞展や花の絵画全国公募展等の展覧会、アートキャンプ等のワークショップによる教育普及活動を展開します。

朝来市生野書院

生野書院

 平成4年(1992年)にオープンしました。旧家の面影を残す生野書院には、生野の歴史を物語る貴重な史料類が保存、展示されています。生野町絵図、見石の幕、銀山旧記などを展示して展示室をはじめ、陶芸室、和室などを完備されています。

朝来市和田山郷土歴史館

和田山郷土歴史民俗資料館

 町内の遺跡から出土した、縄文~古墳時代の考古資料約1000点を展示する資料館。重要文化財の城ノ山古墳出土遺物・銅鏡六面などを収めています。

朝来市埋蔵文化財センター

朝来市埋蔵文化財センター

 朝来市内には北近畿豊岡自動車道の建設をはじめさまざまな開発事業に伴う遺跡の調査により発掘された膨大な量の出土品が存在しています。これらの貴重な歴史的遺物を適正な管理のもとで調査・保存・公開するために整備された施設で、但馬の歴史・文化に触れられる体験学習メニューも用意されています。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市役所市長公室秘書広報課

電話: 079-672-6113

FAX: 079-672-4041

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る