ページの先頭です

パブリックコメント 朝来市環境基本計画(案)のパブリックコメントの結果

[2012年1月25日]

ID:215

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「朝来市環境基本計画(案)」に関するパブリックコメントの結果

意見等の募集期間

平成22年3月4日~平成22年3月24日

意見等の受付件数

2人(2件)

提出方法の内訳

郵便0人 ファクシミリ1人 電子メール0人 持参1人

提出された意見等の概要

提出された意見等の概要
番号意見等市の考え方
(修正がある場合は、その内容)
1(1) P79「(1) 新エネルギー対策」について

将来を担う子どもたちに対して、地球環境問題やエネルギー等に関する環境教育にしっかりと取り組んでいく必要がある。特に、小・中学校での理科や社会科の授業において、関係機関と連携することで子ども達が体感できるような校外学習を取り入れるなど、環境教育の一層の充実を図ってもらいたい。
(1) その旨、施策は盛り込まれていると考えています。(98ページ)
(2) P82「(2) 省エネルギー対策
家庭での省エネルギー行動について

民生部門の50%以上を占める空調・給湯におけるCO2排出量を削減していくために、自然冷媒ヒートポンプ給湯機などの高効率機器を積極的に普及させていくことが必要である。特に民生部門のエネルギー消費は増加傾向にあり、民生部門の省エネ・省CO2排出量削減の大きな鍵となることをもっとPRしてもらいたい。また、高効率機器の普及によるCO2排出量削減効果について具体的に示す(図やグラフなど)ことも必要である。
(2) その旨、施策は盛り込まれていると考えています。(82ページ)
なお、高効率機器の普及によるCO2排出量削減効果については、今後策定を予定している地球温暖化対策に係る計画等の中に盛り込んでいきたいと考えています。
(3) P84「(2) 省エネルギー対策
工場・事業所での省エネルギー行動について

民生部門の空調・給湯に加えて、産業部門の加温・乾燥・空調を燃焼方式などから全てをヒートポンプ方式に置き換えた場合に、省エネ・省コストと合わせて相当なCO2削減効果があることをもっとPRしてもらいたい。
(3) 産業部門の加温・乾燥・空調を燃焼方式などから全てをヒートポンプ方式に置き換えた場合、省エネ・省コストと合わせて相当なCO2削減効果については、今後策定を予定している地球温暖化対策に係る計画等の中に盛り込んでいきたいと考えています。
2環境基本計画(案)となりますと、自ずと、多種多様な取組みが盛込まれます。拝見させて頂きました内容も、相当、網羅的に、盛り込まれております。
そのうえで、各施策を、計画として取り纏められる場合、「項目立て」は、市民(議会含む)の方々への説明を念頭におけば、できる限り、最新の法令の規定、国・県の策定する計画等の規定に準拠する方が、施策に漏れがあるのではないかとかいった無用の疑義を呼ばないという点からも、宜しいのではないかと思います。
具体的には、最新の法令に関して言えば、
1.エネルギー供給構造高度化法(平成21年8月28日)
・ 非化石エネルギー(原子力、再生可能エネルギー)の導入拡大
・ 化石燃料(LNG、石炭)の徹底的な高度・有効活用
2.1.の施行令
・ 再生可能エネルギーを限定列挙
太陽光、風力、水力、地熱、太陽熱、大気中の熱その他自然界に存ずる熱、バイオマスを法定
※ 大気中の熱を利用するとヒートポンプは太陽光同様、再生可能エネルギーとして規定されております。
そのうえで、ご提案の内容ですが、まず、法令が記入し、また、エネルギー事業者でなくとも広く普及可能な「再生可能エネルギー」の利用を、冒頭に掲げ、「省エネルギー対策(家庭、工場・事業所、運輸)」、「その他の対策」として、整理すれば宜しいのではないかと思います。
本計画は、市民アンケートを踏まえたうえで、原則全環境分野について検討しています。法令に完全に従うことになれば、改正土壌汚染対策法や生物多様性、ワシントン条約等まで踏まえた内容となり、それらを本計画で記載することが必ずしも必要ではないと考えます。鉱山の自然的要因による土壌環境基準の超過など、すべての分野にわたって施策を網羅することは困難であると考えます。地域特性に応じて、重点的に何に取り組んでいくのかという方針を定め、メリハリをつけて策定することも環境基本計画の一つの形であると考えています。

○ご意見を踏まえ、次のとおり変更します。
79ページ 本文
【変更前】
◆兵庫県地球温暖化防止活動推進員、電力事業者など関係機関の協力を得て、環境出前講座などを実施し、学校をはじめあらゆる場面での環境教育の充実に努めます。
【変更後】
◆兵庫県地球温暖化防止活動推進員、電力事業者など関係機関の協力を得て、環境出前講座や市内施設見学(揚水式発電所見学等)などを実施し、学校をはじめあらゆる場面での環境教育の充実に努めます。

82ページ 本文
【変更前】
◆自然冷媒ヒートポンプ給湯機(エコキュート)の導入を促進します。
【変更後】
◆自然冷媒ヒートポンプ給湯機の導入を促進します。

85ページ 本文
【変更前】
運輸部門での省エネルギー対策
【変更後】
運輸部門での省エネルギー行動

○ご意見を踏まえ、次の内容を追加します。
84ページ 本文
【追加】
◆空調、給湯、厨房および生産過程の各分野において、ヒートポンプシステムの導入を促進します。

84ページ 本文
【追加】
◆電気製品などの導入にあたり、省エネルギータイプの製品導入を促進します。

84ページ 図表5-8
【追加】
・ブラインドやカーテンを利用して、冷暖房の効果を高めましょう。

84ページ 図表5-8
【追加】
・電化製品や長時間使わないときは主電源を切りましょう。

○ご意見を踏まえ、次の内容を削除します。
79ページ 本文
【削除】
◆給湯器を購入する際は、エコキュートやエコウィル等の高効率の機器を導入するよう普及啓発に努めます。

参考

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市役所市長公室秘書広報課

電話: 079-672-6113

FAX: 079-672-4041

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る