ページの先頭です

生野銀山

[2013年12月27日]

ID:350

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

生野銀山(「鉱石の道」の歴史をたどる)

幕府の直轄鉱山として栄えた 史跡生野銀山

生野銀山

生野銀山は、大同2(807)年に開坑したと伝えられています。
織田、豊臣、徳川の幕府直轄鉱山として栄え、明治元(1868)年には政府直轄となり、その後は皇室財産にもなった大鉱山です。
昭和48(1973)年に閉山しましたが、実際に掘られていた坑内に入り、当時のままの岩肌や、電機仕掛けの人形により再現された作業風景を見ることができます。

・史跡生野銀山(株式会社シルバー生野ホームページ)

  http://www.ikuno-ginzan.co.jp/

営業時間

9時~午後5時30分(季節により変更有り)

休館日

12/29~1/2 12月から2月の毎週火曜日(祝日の場合、翌日に振替え)

入場料金

大人900円/中高生600円/小学生400円 [駐車場]無料(普通車210台、大型バス10台)

問い合わせ

株式会社シルバー生野
〒679-3324 兵庫県朝来市生野町小野33番地5
電話 079-679-2010

生野鉱物館(生野銀山文化ミュージアム)

鉱山資料館

江戸時代までの生野銀山、明治以降の生野鉱山の歴史、探鉱・採掘・選鉱・精錬の工程、鉱山町特有の町並み、鉱山文化などのパネル展示や、生野鉱山で長く活躍された藤原寅勝コレクション609点、小野治郎八コレクション155点などの貴重な鉱物標本なども展示されています。
また、生野銀山、石見銀山の、江戸時代の原寸大坑道模型(狸掘り)も展示されており、実際にその坑道模型を潜る体験もできます。
入場料金は、小学生以上別途100円。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市役所産業振興部観光交流課

電話: 079-672-4003

FAX: 079-672-3220

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る