ページの先頭です

馬車道

[2014年3月19日]

ID:378

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「鉱石の道」の歴史をたどる

 生野(朝来市)、神子畑(朝来市)、明延(大屋町)の3鉱山は一体的に事業運営されてきた鉱山で、3地域はこの鉱山産業によってまちが形成されてきた地域です。

馬車道

神子畑鉱山・選鉱場-生野精錬所間 当時の馬車道の様子

神子畑-生野間の馬車道(鉱山道路)
ムーセ旧居と馬車

ムーセ旧居と馬車(軌道がある)

馬車道

明延鉱山→神子畑選鉱場→生野精錬所→
姫路飾磨港→香川県直島・大阪へ

生野間の馬車道
設期間明治19年から明治20年まで(2年間)
延長(地図参照)16.244Km
幅員3.6m
建設費用4万円

馬車道の様子と移り変わり

 神子畑-生野間の馬車道は、延長四里四丁五十五間、幅員2間で、神子畑川右岸を下り、神子畑鋳鉄橋で左岸にわたり、少し下流で再び右岸に戻り川に沿って平野・土肥地区を経て羽渕のステンション(ステーションの意)と呼ばれた鉱石積替所(現在の山口小学校西側交差点付近)に至る。
ここで生野行きに積み替えられるが、その理由は、神子畑で鉱石を等級別に約八貫目(30Kg)入りのカマス詰めとし運搬してきたものを、馬車一台に約二百貫目(750Kg)、カマス換算で25袋となるように再積み替えをするためである。
 また、神子畑・羽渕間は下り坂のため、運搬も容易であったが、羽渕から生野までは、逆に上り坂となり、馬車の積載量を減らさねばならなかったことと、神子畑-生野間は距離が長いため、馬を交代させる必要が有り、羽渕に中継所を兼ねたステンションを設置する必要があった。
羽渕ステンションからの馬車道は、方向を南に替え、すぐの田路川に架けられた羽渕鋳鉄橋をわたり、元津、岩津地区の西側を円山川に沿って南に進む。
 生野町円山の南端の金木鋳鉄橋で円山川の右岸に渡り、小田和地区の東側を通って田和坂峠を越し、生野の町に入る。
 町内では生野警察署の前を通り、御領所交差点で、姫路飾磨港からの馬車道と合流し、本町通りから生野鉱山の精錬工場に至る経路である。
 生野で、明治9年に鉱石運搬等の重要産業道路として整備された生野-姫路飾磨港間の生野鉱山寮馬車道(生野銀山道)につながっており、当時、鉱山を中心とした産業上の輸送道路としての大きな役割があったことが伺い知れる。
 当初は、牛車と手引車が用いられていたが、後には馬車となった。その後、明治22年には鉱山の操業状態全般の調査がなされ、鉱石1t当りの運搬単価を下げるため明治24年にレールを敷設し、馬車軌道への改良工事がなされた。併せて田和坂にトンネルが掘られた。
 この後、明治33年に開発された明延鉱山の鉱石もこの馬車道を使って運搬された。しかし、大正11年に香川県直島に三菱の銅精錬所が新設されたことにより、生野鉱山の銅精錬工場は閉鎖され、神子畑鉱山、明延鉱山の鉱石は、生野まで運搬されることがなくなり、新設された羽渕-新井間の馬車軌道により、播但線新井駅から鉄道貨車で飾磨港まで運搬されることに変更された。
 これに伴い、羽渕-生野間の馬車軌道は廃止され、レールも撤去され、生野までの39年間の鉱石運搬の役割を終えた。
 この後、昭和32年11月には、鉱石の運搬はトラック輸送にとって替わり、神子畑-新井間の鉱山道路(旧馬車道、軌道)も廃止され、最終的に74年間続いた鉱石運搬の役割を終えた。

神子畑鉱山・選鉱場-生野精錬所間の馬車道(鉱山道路)と五つの橋(鋳鉄橋)

 鉱山道路・馬車道には、五つの鋳鉄製の橋が架けられました。

先立って、明治9年に建設された生野-姫路飾磨港間の生野鉱山寮馬車道に架かる橋は、ほとんどが木橋であったことから、神子畑鉱山の発展を予想してか、気候、地形厳しいこの地域において長期間の使用に耐えるようにか、また、橋の材料としての鋳鉄の適否についてその試験を行ったものではないか等の推察も出来ますが、いずれもその域を越えません。
 いずれにしても、山深いこの地域に五つもの近代的な鋳鉄製の橋が建設されたことは明治政府の力の入れようが伺い知れるところであり、特質すべき事実であり、また貴重な存在の建造物群です。

神子畑鋳鉄橋

起点より 神子畑鋳鉄橋

建設地 朝来町佐のう※(神子畑)
構造 一連式アーチ型鋳鉄橋
橋長(m) 15.997
現状 解体・修復・復元

吊橋

起点より 吊橋

建設地 朝来町佐のう※(神子畑)
構造 吊橋型鋳鉄製
橋長(m) 不明
現状 流出・親柱の鋳鉄製菊花ご紋章残存

羽渕鋳鉄橋(移築後)

起点から 羽渕鋳鉄橋

建設地 朝来町羽渕
構造 二連式アーチ型鋳鉄橋
橋長(m) 18.275
現状 解体・移築・復元

金木鋳鉄橋

起点より 金木鋳鉄橋

建設地 生野町円山
構造 二連式アーチ型鋳鉄橋
橋長(m) 約9
現状 撤去・不明

無名橋(小田和サンマイ谷)

起点より 無名橋

建設地 生野町小田和
構造 アーチ吊下型鋳鉄製
橋長(m) 約4
現状 撤去・不明

のう

※「佐のう」の「のう」はこの字です。

馬車道五橋と運搬ルート

(神子畑-生野間馬車道 絵図 「神子畑鋳鉄橋調査報告書」東京大学生産技術研究所編より一部抜粋)

馬車道五橋と運搬ルート2

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市役所産業振興部観光交流課

電話: 079-672-4003

FAX: 079-672-3220

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る