ページの先頭です

市営住宅等の入居の資格について

[2016年3月28日]

ID:420

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

入居申込者の資格要件について

市営住宅へ入居するには、次の要件をすべて満たす人に限ります。

1.現在、住宅に困っている人(持ち家を持っている人は申し込みできません)

2.現に同居し、または同居しようとする親族がある人

※事実上夫婦関係にある人および婚約中で入籍し、入居後3ヶ月以内に同居する方も含みます。

※家族を不自然に分割しての申し込みはできません。

3.その者はまたは現に同居親族が暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員でないこと

4.市税(市民税、固定資産税等)に滞納がない人

5.1ヶ月当たりの所得(政令月収(※))が158,000円を超えない方(市営住宅によっては、この金額によらない場合があります。)

※政令月収とは、世帯全員の年間所得から諸控除額(※)を引き12で割った一ヶ月あたりの金額を言います。

※「諸控除額」とは、同居者一人あたり38万円の控除があります。その他控除については、直接お問い合わせ願います。

 

 

朝来市営住宅等の条例改正に伴い単身で入居する場合には、それぞれの住宅の入居条件を満たしていただく他に、次のいずれかの資格に該当する方が入居いただけます。

単身で入居を希望の場合

  • 60歳以上の方
  • 身体障害者手帳の交付を受けている方で、障害の程度が1から4級の方
  • 精神障害者手帳の交付を受け、障害の程度が1から3級の方、知的障害者も精神障害の程度に相当する方
  • 戦傷病者手帳の交付を受けている方で、障害の程度が恩給方別表第1号表の2の特別項症から第6項症まで、または同法別表第1号表の3の第1款症の方
  • 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律第11条第1項により厚生労働大臣の認定を受けている方
  • 生活保護法(昭和25年法律第144号)第6条第1項に規定する被保護者
  • 海外からの引揚者で本邦に引き揚げた日から起算して5年を経過していない方
  • ハンセン病療養所入所者等に対する補償金の支給等に関する法律第2条に規定するハンセン病療養所入所者の方
  • 配偶者からの暴力被害者の方
    (一時保護終了または保護終了が5年未満、裁判所からの命令の効力経過が5年未満)

※条例施行日は平成23年1月1日です。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市役所都市整備部都市開発課

電話: 079-672-6127

FAX: 079-672-4041

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る