ページの先頭です

固定資産税の評価替え

[2015年11月9日]

ID:518

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 土地・家屋の価格については、原則として3年ごとに新たな価格を算定するための「評価替え」が行われます。この評価替えの年を「基準年度」といい、この年度に決定した価格は原則として3年間据え置かれます。(現在の基準年度は平成27年度、次回は平成30年度です。)しかし、基準年度以降でも、新たに課税されることとなった土地・家屋、または、土地の地目変更、家屋の増築などで、基準年度の価格によることが適当でないものは、新たに評価を行い、価格を決定します。また、土地については、前年中に地価の下落があり、評価額を据え置くことが適当でないときは評価替え以外の年度であっても評価額に修正を加えることができる措置が講じられています。
 償却資産については、毎年1月1日現在の状況を1月31日までに申告していただき、それに基づいて毎年評価して、評価額を決定します。

受付窓口および問い合わせ先

  • 市民文化部 税務課   電話 079-672-6119

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市役所市民文化部税務課

電話: 079-672-6119

FAX: 079-672-4041

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る