ページの先頭です

児童扶養手当

[2021年2月5日]

ID:707

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

対象者

ひとり親家庭、父親もしくは母親が一定の障害の状態にある家庭等で、18才に達した日以降の最初の3月31日までの間にある児童などを監護または、養育している方

支給額

児童1人のとき

全部支給される方:43,160円
一部支給される方:43,150円から10,180円
までの間で細かく設定されています。

児童が2人のとき

最大で、月額10,190円加算

児童が3人のとき

最大で、月額6,110円加算

児童が4人以上のとき

最大で、月額6,100円加算

支給時期

奇数月に前2か月分が支給されます。

※受給されるためには認定請求が必要です。ただし、所得制限があります。
※受給権の消滅事由(婚姻など)が発生した場合は、返還金が生じないよう、速やかに届けてください。

手当額の一部支給停止措置(平成20年4月から)について

 受給期間が5年を超えた受給資格者または支給要件該当から7年経過した受給資格者等(※)は、手当額の2分の1が支給停止になる可能性があります。(すでに就業している人、就業意欲のある人、あるいは就業が困難な人等については、期日までに届出や関係書類を提出すれば、これまで通りの手当額が支給されます。)手続きが必要な人には事前にお知らせしますので、手続きをしてください。
 (※)手当の認定請求(額改定請求)をした日において3歳未満の児童を監護する場合は、この児童が3歳に達した日の属する月の翌月の初日から起算して5年を経過したとき。

児童扶養手当と障害年金の併給調整が見直されます

令和3年3月分(令和3年5月支払)から児童扶養手当と障害年金の併給調整が見直されます。

見直しの内容

 現在、障害年金を受給しているひとり親家庭は、障害年金額が児童扶養手当額を上回る場合には、児童扶養手当が受給できず、就労が難しい方は、厳しい経済状況におかれています。

 そこで、「児童扶養手当法」の一部を改正し、令和3年3月分から、児童扶養手当の額と障害年金の子の加算部分の額との差額児童扶養手当として受給することができるように見直します。

 なお、障害年金以外の公的年金等(※)を受給している方は、公的年金等の額が児童扶養手当額より低い場合、その差額分の児童扶養手当を受給していますが、改正後も同じく、公的年金等の額が児童扶養手当額より低い場合、その差額分の児童扶養手当を受給できます。
※遺族年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など

手当を受けるための手続き

 既に児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている方は、原則、申請は不要です。

 それ以外の方は、児童扶養手当を受給するためには、市への申請が必要です。なお、令和3年3月1日以前であっても、事前申請は可能です。

支給開始月

 通常、手当は申請の翌月分から支給開始となりますが、これまで障害年金を受給していたため児童扶養手当を受給できなかった方のうち、令和3年3月1日に支給要件を満たしている方は、令和3年6月30日までに申請すれば、令和3年3月分の手当から受給できます。

 令和3年3月分と4月分の手当は、令和3年5月に支払われます

 詳しくは、問い合わせください。

受付窓口および問い合わせ先

  • 健康福祉部 社会福祉課 電話 079-672-6123
  • 生野支所  電話 079-679-2240
  • 山東支所  電話 079-676-2080
  • 朝来支所  電話 079-677-1165

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市役所健康福祉部社会福祉課

電話: 079-672-6123

FAX: 079-672-4109

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る