ページの先頭です

介護サービスの費用の支払い(居宅・施設)

[2022年1月5日]

ID:771

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

費用の支払い

居宅サービスの費用の支払い

  • 居宅サービスは要介護度ごとに利用できる上限額が決められています。(下表)
    限度額の範囲内でサービスを利用したときは、1割か2割または3割の自己負担です。
  • 限度額を超えてサービスを利用したときは、超えた額分が全額自己負担額となります。
居宅サービスの費用の支払い
要介護度利用限度額(1カ月)左記の利用限度額とは
別枠のサービス(自己負担1割)
要介護1167,650円●特定福祉用具購入・・・1年間10万円まで
●居宅介護住宅改修・・・20万円まで
●居宅療養管理指導           など
要介護2197,050円
要介護3270,480円
要介護4309,380円
要介護5362,170円

低所得の方の負担軽減(高額介護サービス費)

  • 同じ月に利用した介護保険サービスの1割か2割または3割の自己負担が、ある一定額を超えたときは、その超えた分が払い戻され、負担が軽くなるしくみになっています。
  • また所得の低い方は、その上限が減額されます。
利用者負担段階区分表
 利用者負担段階区分

上限額(世帯合計) 

・課税所得690万円(年収約1,160万円)以上の方

世帯140,100円

・課税所得380万円以上690万円(年収約770万円以上1,160万円)未満の方

世帯93,000円

・課税所得380万円(年収約770万円)未満の方

世帯44,400円

住民税非課税世帯の方で

・前年の合計所得金額と課税年金収入金額の合計が80万円を超える方等

・前年の合計所得金額と課税年金収入金額の合計が80万円以下の方等

世帯24,600円

個人15,000円

・生活保護の受給者

・利用者負担上限額を15,000円に減額することにより、生活保護の受給者とならない方

個人 15,000円

※居住費・食費・日常生活費などは含まれません。
※対象者は朝来市役所から通知がありますので、その内容にもとづき申請してください。

施設サービスの費用の支払い

  • 施設サービス費の1割か2割または3割のほか、居住費・食費・日常生活費の合計が自己負担となります。

 施設サービス費1割か2割または3割+居住費+食費+日常生活費(理美容代など)=自己負担

  • 低所得者の方は所得に応じて居住費・食費の自己負担の上限が設けられ、申請により、下表の負担限度額までの自己負担となります。これを超えた分は介護保険から支給します。

※介護施設を利用する方は、申請しないと所得段階が決定できませんので、必ず申請してください。

※一定の預貯金があるなど、資産の状況によっては対象外となります。

利用者負担段階と負担限度額
利用者負担段階居住費(滞在費)食費の
限度額
ユニット型個室ユニット型
個室的多床室
従来型個室多床室
特養*1特養以外*2特養*1特養以外*2
第1段階820円490円320円490円0円0円300円
第2段階820円490円420円490円370円370円390円
第3段階(1)1,310円1,310円820円1,310円370円370円650円
第3段階(2)1,310円1,310円820円1,310円370円370円

1360円

※施設の設定した居住費(滞在費)・食費が限度額を下回る場合は、施設の設定した金額が基準となります。

※限度額を超えた分は、特定入所者介護サービス費として介護保険から施設に支払われます。

*1「特養」は、特別養護老人ホームです。

*2「特養以外」は、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、介護医療院です。

軽減の対象となる方

利用者負担段階

対   象   者

預貯金・有価証券・現金・負債などの資産の合計

第1段階

●老齢福祉年金を受給している、

世帯全員が住民税非課税の方

●生活保護受給者

・単身で1,000万円以下

・夫婦で2,000万円以下

第2段階

●世帯全員が住民税非課税かつ

前年の合計所得金額と課税年金収入額と

非課税年金収入額の合計が年間で

80万円以下の方

・単身で650万円以下

・夫婦で1,650万円以下

第3段階(1)


●世帯全員が住民税非課税かつ

前年の合計所得金額と課税年金収入額と

非課税年金収入額の合計が年間で

80万円を超え120万円以下の方

・単身で550万円以下

・夫婦で1,550万円以下


第3段階(2)

●世帯全員が住民税非課税かつ

前年の合計所得金額と課税年金収入額と

非課税年金収入額の合計が年間で

120万円を超える方

・単身で500万円以下

・夫婦で1,500万円以下

*世帯分離している配偶者も含みます。

受付窓口および問い合わせ先

  • 健康福祉部 高年福祉課 電話 079-672-6124
  • 生野支所           電話 079-679-5802
  • 山東支所                    電話 079-676-2080 (代表)
  • 朝来支所          電話 079-677-1165

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市役所健康福祉部高年福祉課

電話: 079-672-6124

FAX: 079-672-4109

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る