ページの先頭です

介護予防サービス

[2016年10月6日]

ID:818

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

介護予防サービス

サービスの利用についての相談

介護予防支援

 利用者が安心して介護予防サービスを利用できるよう、支援します。

  • 介護予防ケアプランの作成やその他の相談は無料です。

日常生活の手助け

介護予防訪問介護(ホームヘルプ)

 利用者が自立した生活ができるよう、ホームヘルパーによる入浴や食事などの生活の支援が受けられます。

 平成29年度から、市が実施する「介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)」へ移行します。

自己負担(1割)のめやす(1か月)
 要支援1、要支援2
週1回程度の利用1,168円
週2回程度の利用2,335円

※週2回程度を超える利用(要支援2のみ)は、3,704円

※身体介護・生活援助の区分はありません。

※乗車・降車等の介助は利用できません。

ご自宅で入浴

介護予防訪問入浴介護

 居宅に浴室がない場合や、感染症などで浴室の利用が難しい場合、入浴サービスが利用できます。

  • 自己負担(1割)のめやす
    全身入浴 834円

ご自宅でリハビリ

介護予防訪問リハビリテーション

 理学療法士や作業療法士、言語聴覚士に訪問してもらい、リハビリをします。

  • 自己負担(1割)のめやす
    1回※ 302円  ※20分間リハビリテーションを行った場合。

お医者さんの指導のもとの助言・管理

介護予防居宅療養管理指導

 医師、歯科医師、薬剤師、歯科衛生士に居宅を訪問してもらい、介護予防を目的とした療養上の管理や指導を受けられます。

自己負担(1割)のめやす
医師・歯科医師の場合(月2回まで)503円
医療機関の薬剤師の場合(月2回まで)553円
薬局の薬剤師の場合(月4回まで)503円
管理栄養士の場合(月2回まで)533円
歯科衛生士等の場合(月4回まで)352円
看護職員の場合(サービス提供開始日から6か月までの間に2回まで)402円

介護予防訪問看護

 看護師に訪問してもらい、介護予防を目的とした療養上の世話や診療の補助などを受けられます。

自己負担(1割)のめやす
 病院または診療所から30分から1時間未満 567円 
 訪問看護ステーションから30分から1時間未満814円

施設に通う

介護予防通所介護(デイサービス)

 デイサービスセンターで、食事・入浴などの基本的サービスや生活行為向上のための支援などが利用できます。

 平成29年度から、市が実施する「介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)」へ移行します。

自己負担(1割)のめやす
要支援11,647円
要支援23,377円

※利用するメニューによっては、別途料金がかかります。(口腔機能向上、栄養改善)

※食費、日常生活費は別途自己負担となります。

介護予防通所リハビリテーション(デイケア)

 老人保健施設や病院・診療所で、リハビリテーションなどが利用できます。

自己負担(1割)のめやす
要支援11,812円
要支援23,715円

※送迎の費用は含まれます。状況に応じては別途追加費用がかかります。

※食費、日常生活費は、別途自己負担となります。

短期間施設に入所して利用するサービス

介護予防短期入所生活介護(ショートステイ)

福祉施設に短期間入所して、日常生活上の支援(食事、入浴、排せつなど)や機能訓練が受けられます。

介護老人福祉施設・併設型の施設の場合

自己負担(1割)のめやす(1日)
要支援1495円
要支援2615円

※費用は、施設の種類によって異なります。

※食費、滞在費、日常生活費は、別途自己負担となります。

※連続した利用が30日を超えた場合、31日目からは全額自己負担となります。

介護予防短期入所療養介護(医療型ショートステイ)

 老人保健施設などに短期間入所して、介護予防を目的とした医療上のケアを含む日常生活上の支援や機能訓練、医師の診療などが受けられます。

介護老人保健施設の場合

自己負担(1割)のめやす(1日)
要支援1652円
要支援2807円

※費用は、施設の種類によって異なります。

※食費、滞在費、日常生活費は、別途自己負担となります。

※連続した利用が30日を超えた場合、31日目からは全額自己負担となります。

施設に入って利用する居宅サービス

介護予防特定施設入居者生活介護

 有料老人ホームなどに入居している場合に、介護予防を目的とした日常生活上の支援や介護を受けられます。

自己負担(1割)のめやす(1日)
要支援1179円
要支援2308円

※費用は、施設の種類やサービスに応じて異なります。

地域密着型サービス

介護予防認知症対応型通所介護

 認知症の高齢者がデイサービスセンターなどに通い、介護予防を目的とした入浴、排せつ、食事などの介護や機能訓練を受けられます。
7時間以上9時間未満の場合

自己負担(1割)のめやす
要支援1852円
要支援2952円
※食費は、別途自己負担となります。

介護予防認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

 認知症の高齢者が少人数で共同生活をしながら、認知症の治療を中心として、生活機能の向上のために、介護予防を目的とした介護や機能訓練を受けられます。

自己負担(1割)のめやす(1日)
要支援2755円

※居住費・食費は、別途自己負担となります。

※要支援1の方は、利用できません。

介護予防小規模多機能型居宅介護

 「通所サービス」を中心に「訪問」や「泊まり」を組み合わせ、本人の心身の状況や希望に応じ、介護予防を目的とした入浴、排せつ、食事などの介護や機能訓練を受けられます。
自己負担(1割)のめやす(1か月)
要支援13,403円
要支援26,877円

※送迎の費用は、含まれます。

※食費は、別途自己負担となります。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市役所健康福祉部高年福祉課

電話: 079-672-6124

FAX: 079-672-4109

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る