ページの先頭です

医療費が高額になったとき(70歳未満の方)

[2017年8月15日]

ID:886

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 1か月の医療費が高額になったときには、申請して認められると、自己負担限度額を超えた分があとから高額療養費として払い戻されます。また、同じ世帯で同じ月に21,000円以上の自己負担額を複数支払った場合は合算できます。ただし、差額のベット代、食事代、日用品や保険適用外診療は医療費に含みませんので、払い戻しの対象にはなりません。

自己負担額限度額(月額)
所得要件区分3回目まで4回目以降
所得が901万円を超える252,600円+
医療費が842,000円を超えた場合は、その超えた分の1%
140,100円
所得が600万円を超え901万円以下167,400円+
医療費が558,000円を超えた場合は、その超えた分の1%
93,000円
所得が210万円を超え600万円以下80,100円+
医療費が267,000円を超えた場合は、その超えた分の1%
44,400円
所得が210万円以下(住民税非課税世帯を除く)57,600円44,400円
住民税非課税世帯35,400円24,600円

※同一世帯で、過去12ヶ月以内に4回以上、高額療養費の支給を受けるとき、4回目以降の自己負担額は( )内の金額になります。

※所得とは、国民健康保険税の算定の基礎となる「基礎控除後の総所得金額等」のことです。所得の申告がない人は、区分アとみなされます。

受付窓口および問い合わせ先

  • 市民文化部 市民課 電話 079-672-6120
  • 生野支所 地域振興課 電話 079-679-5802
  • 山東支所 地域振興課 電話 079-676-2080 
  • 朝来支所 地域振興課 電話 079-677-1165

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市役所市民文化部市民課

電話: 079-672-6120

FAX: 079-672-1334

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る