ページの先頭です

免除制度

[2017年8月15日]

ID:899

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

保険料免除制度とは

 所得が少なく本人・世帯主・配偶者の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合や失業した場合など、国民年金保険料を納めることが経済的に困難な場合は、ご本人から申請書を提出いただき、申請後に承認されると保険料の納付が免除になります。免除される額は、全額、4分の3、半額、4分の1の4種類があります。

※平成21年4月分以降は、2分の1が国庫負担されます。(21年3月分までは3分の1が国庫負担)

※4分の1納付の場合は「5/8」が年金額に反映します。(21年3月分までは1/2)

 2分の1納付の場合は「6/8」が年金額に反映します。(21年3月分までは2/3)

 4分の3納付の場合は「7/8」が年金額に反映します。(21年3月分までは5/6)

手続きをするメリット

 ・保険料を免除された期間は、老後年金を受け取る際に1/2(税金分)受け取れます。(手続きをしていただけず、未納となった場合1/2(税金分)は受け取れません。)

 ・保険料免除を受けた期間中に、ケガや病気で障害や死亡といった不慮の事態が発生した場合、障害年金や遺族年金を受け取ることができます。

 

受付窓口および問い合わせ先

  • 市民文化部 市民課 電話 079-672-6120
  • 生野支所 地域振興課 電話 079-679-5802
  • 山東支所 地域振興課 電話 079-676-2080 
  • 朝来支所 地域振興課 電話 079-677-1165

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市役所市民文化部市民課

電話: 079-672-6120

FAX: 079-672-1334

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る