ページの先頭です

高齢者虐待を防ぎましょう

[2016年9月13日]

ID:910

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 高齢者が家族、親族などから暴力を受けるなど「高齢者虐待」は大きな問題となっています。
 高齢者虐待の早期発見、早期対応を図るとともに、家族、親族などの高齢者の養護者の支援を行い負担の軽減を図るため、平成18年4月1日から「高齢者虐待防止法(正式名:高齢者虐待防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律)」が施行されました。

1.次のような行為が高齢者の虐待に当たります。

一覧
区分具体例
身体的虐待・たたく、つねる、殴る、ける、やけどを負わせるなど
・ベッドにしばりつけたり、意図的にクスリを過剰に与えるなど
心理的虐待・排泄などの失敗に対して高齢者に恥をかかせるなど
・子ども扱いする、怒鳴る、ののしる、悪口を言う、無視するなど
介護・世話の放棄・放任・空腹、脱水、栄養失調の状態のままにするなど
・おむつなどを放置する、劣悪な状態や住環境の中に放置するなど
性的虐待・懲罰的に下半身を裸にして放置するなど
・本人との間で合意がない、あらゆる形態の性的な行為またはその強要
経済的虐待・本人が必要となる額を渡さない、使わせないなど
・本人の不動産、年金、預貯金などを本人の意志、利益に反して使用するなど

2.高齢者の虐待に気づいたら・・・

 虐待に気づいた人には通報義務があります。虐待を止めることは、虐待をしている養護者のためにも必要なことです。
 虐待に気づいた人は、朝来市地域包括支援センターまたは健康福祉部高年福祉課にご相談ください。
 虐待を受けている本人が通報することもできます。なお、通報者等を特定する情報を漏らすことはありません。

(連絡先 079-672-6125)

3.高齢者虐待関係書類ダウンロード

 高齢者虐待の早期発見、早期対応と未然防止対応策の周知のために、「朝来市高齢者虐待防止(予防)マニュアル」を作成しました。

朝来市高齢者虐待防止(予防)・対応マニュアル

Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

受付窓口および問い合わせ先

朝来市役所 健康福祉部 地域包括支援センター

(朝来市和田山町東谷213番地1 朝来市役所 本庁舎 2階)

電話 079-672-6125

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

組織内ジャンル

健康福祉部地域包括支援センター

お問い合わせ

朝来市役所健康福祉部地域包括支援センター

電話: 079-672-6125

FAX: 079-672-4109

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る