ページの先頭です

重要文化的景観「生野鉱山及び鉱山町の重要文化的景観」

[2017年6月5日]

ID:3263

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「生野鉱山及び鉱山町の文化的景観」 -国重要文化的景観に選定-

 「生野鉱山及び鉱山町の文化的景観」が、平成25年11月15日(金)に国文化審議会の答申を受け、平成26年3月18日(火)の官報告示により、国の重要文化的景観に選定されました。

-初物づくしの選定-

 兵庫県から選定されるのはこれが初めてであり、現役の鉱業都市として選定されるのは全国初となりました。

  ※重要文化的景観は全国で51件、近畿地方では13件選定されています。(平成29年6月5日現在)

 

-重要文化的景観とは-

 重要文化的景観は文化財保護法で規定される文化財の一つで、平成16年(2004)に新設され、地域の人々の生活や風土によって形成された景観地で、わが国民がどのような生活または生業を営んできたかを理解するうえで欠くことのできないものとされています。

-生野鉱山の今と昔-

 生野鉱山は、本格的な鉱山開発が進められた中世から近世にかけて、銀山として隆盛し「露天掘り跡」や「間歩」(江戸時代の坑道)といった採掘跡のほか、市川河床には当時の選鉱施設であった「汰(ゆ)り池」跡などが残ります。
 明治に入ると我が国初の官営鉱山となり、近代化モデル鉱山として開発が進められ、昭和48年の閉山まで我が国有数の鉱山として機能しました。
 閉山後も鉱業技術は継承され、スズの製錬やレアメタルの回収が現在も行われています。

-今なお残る 鉱山町の景観-

 生野鉱山とともに発展した鉱山町には、鉱山の信仰と結びついた山神社(さんじんじゃ)、寺院が多く建立する寺町、江戸時代の掛屋(かけや)、地役人、郷宿(ごうやど)などの町屋が残るほか、製錬滓をブロック状に固めたカラミ石が、民家の土台や塀、水路、擁壁など至る所に用いられ鉱山町独特の景観を形成しています。また、かつて物資の輸送路として活躍した馬車道やトロッコ道は、現在は国道・市道などとして利用されています。

生野鉱山及び鉱山町の文化的景観を構成する代表的な要素

-認められた価値-

 生野鉱山及び鉱山町の文化的景観は、国内の多くの鉱山町が、閉山という産業の終焉と共に町が衰退し凍結されていくなかで、400年以上にわたり、採掘・製錬・運輸といった鉱業と鉱山町の発展にともない重層的に形成されてきた、今も生き続ける現役鉱山都市として、我が国における生活・生業の在り方を理解するうえで欠かすことのできない文化的景観として価値が認められたものです。

生野鉱山と鉱山まちの文化的景観保存計画書概要版(抜粋)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

生野鉱山及び鉱山町の文化的景観整備計画書ができました

【目的】

「生野鉱山及び鉱山町の文化的景観」の特徴は、銀鉱脈発見を契機として近世に確立した鉱山町、またそれに続く明治期のモデル鉱山としての位置付けから鉱山町として変貌を遂げた景観です。

この鉱工業によって作り出された景観は、鉱山採掘が終了してもなお、地域の人々の手によって鉱山町独特の生活文化とともに受け継がれてきました。

この計画によって、鉱山と鉱山町が生み出した文化的景観を守り伝えていくためのルールと、将来にわたって地域の人々が鉱山町とともに住み続けていくための地域デザインを検討し、10年後の生野を描いていくことを目的としています。

整備計画書(データ版)はこちら

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

組織内ジャンル

教育委員会事務局文化財課

お問い合わせ

朝来市教育委員会事務局 文化財課(埋蔵文化財センター)
電話: 079-670-7330 ファックス: 079-670-7333

ページの先頭へ戻る