ページの先頭です

第7回 岩津ねぎ料理コンテスト レシピ集

[2017年9月21日]

ID:3863

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

第7回 岩津ねぎ料理コンテスト 入賞レシピ

最優秀賞

岩津ねぎ甘酢漬

岩津ねぎ甘酢漬 

(1)丹波黒は、一晩水につけ、素揚げしておく。
(2)岩津ねぎは、3cmくらいのぶつ切りにする。にんじん・ごぼうは、千六本に、戻した干ししいたけは、うす切りにする。レンコンは、3mmのいちょう切りにする。ごぼうとレンコンは、酢水に浸けてあくを抜く。さきいかは、粗ければ裂く。
(3) (1)(2)を火が通るまで、ごま油で炒める。
(4)甘酢液をひと煮立ちさせ、(3)に漬ける。
(5)冷蔵庫に保存し、翌日より食べられる。
※煮汁が残っていれば、切ってレンジで加熱した岩津ねぎを漬け、七味とうがらしを添えてもおいしいです。

材料:分量(4人分)

●岩津ねぎ・・・大2本(300g) 丹波黒・・・40g ●にんじん・・・70g ●ごぼう・・・40g ●レンコン・・・80g ●さきいか・・・20g ●干しいたけ・・・中3個 ●ごま油・・・大2 

甘酢液(●うす口しょう油・みりん・・・各70cc、砂糖70g、酢50cc)

 

優秀賞

鴨がたくさんの岩津ネギ背負ってくる丼&岩津ネギナッツ味噌

鴨がたくさんの岩津ネギ背負ってくる丼&岩津ネギナッツ味噌 

(1)岩津ねぎ4本は小口切りする。
(2)米を洗って炊飯器に入れ、水加減は少なめにする(3合に対して2と1/2合分)
(3) (2)の炊飯器にAの調味料、(1)を入れ早炊きで炊く。
(4)残りの岩津ネギ4本はみじん切りにして、2つに分けておく。
(5)鴨肉は小さく切る。フライパンにサラダ油を熱し、鴨肉を少し炒めてから(4)の岩津ネギ半量を入れ炒め、しんなりしたらクルミ、Bの調味料を入れ、火を止める
(6)フライパンにサラダ油を熱し、ニンニク、ちりめんじゃこを炒め、少しカリカリしたら(4)の半量の岩津ねぎを加え、しんなりするまで炒める
(7)丼に(3)の炊きあがったご飯を入れ、(5)(6)の一人分をのせ、白胡麻、クコの実をトッピングする

材料:分量(4人分)

●岩津ねぎ・・・8本 ●米・・・3合 ●くるみ(小さく切ったもの)・・・60g ●鴨肉・・・100g ●ちりめんじゃこ・・・60g ●ニンニク(スライス)・・・5かけ ●砂糖・・・小1 ●クコの実(水で戻したもの)・・・少々 ●白胡麻・・・少々 ●サラダ油・・・少々

A(●醤油・・・大3 ●料理酒・・・大1と1/2 ●胡麻油・・・大1と1/2 ●みりん・・・大1 ●鰹粉末だし・・・6g)

B(●味噌・・・50g ●砂糖・・・大1 ●酒・・・小1)

 

特別賞

岩津ねぎとしらたきの塩麹パスタ

岩津ねぎとしらたきの塩麹パスタ 

(1)岩津ねぎの白い部分は、細切りにして水にさらす。中ほどは斜め切りに、青い部分は小口切りにする。
(2)油あげは、刻んでフライパンでカリカリに、しらたきは食べやすい長さに切って1から2分茹でておく。
(3)フライパンにオリーブオイルを熱し、斜め切のねぎと舞茸を軽く炒める。
(4)しらたきを加え、塩麹と和風だしで味付する。
(5)火を止めて、細切ねぎ、油あげ、柚子胡椒を絡ませる。
(6)皿に盛り、小口切のねぎ、糸唐辛子をのせる。好みですだちか柚子を搾ってもOK。

材料:分量(4人分)

●岩津ねぎ・・・3から5本 ●しらたき・・・5袋 ●油あげ・・・1枚 ●舞茸・・・1パック ●オリーブオイル・・・大3 ●塩麹・・・大5 ●和風だし・・・少々 ●柚子胡椒・・・少々 ●糸唐辛子・・・適量

 

特別賞

岩津ねぎのクリーミーポタージュ

岩津ねぎのクリーミーポタージュ 

(1)岩津ねぎは飾り用に白根を3cmほど残して、粗いざく切りにする。
(2)白根を、縦に細く切り白髪ねぎにして、塩水にさらしておく。
(3) (1)を耐熱皿に入れ、ラップをして、レンジでしんなりするまで加熱する。
(4) (3)とごはんをミキサーに入れ、適量の牛乳を加えてなめらかになるまで攪拌する。
(5) (4)を鍋に移し、コンソメと残りの牛乳を入れ、焦がさないように注意しながら加熱し、味を調えた後、こし器でこす。
(6) (5)を鍋で温めなおし、お好みでバター10gを入れる。
(7)器に入れ、コーヒーフレッシュ、白髪ねぎを盛り付け、こしょうをかける。
 ※粘りが強い時は、牛乳でとろみを調節してください。

材料:分量(4人分)

●岩津ねぎ・・・中5本 ●牛乳・・・600ml ●刻んだコンソメ・・・10g ●ごはん・・・30g ●コーヒーフレッシュ・・・5個 お好みで:塩、こしょう、バター10g

 

特別賞

淡雪 朝来の緑

淡雪 朝来の緑 

A(ねぎのカスタードクリームを作る)
(1)ねぎをみじん切りにし、鍋に入れる。バターを入れ、小さめの器に緑茶、コーンスターチ、砂糖、卵黄、牛乳を合わせ入れ、混ぜ合わせ、同様に鍋に入れ、火にかける。(適度なとろみがつくまで)
(2) (1)を器に移し、冷ましておく。
B(メレンゲと寒天液を作る)
(1)ボウルに卵白、砂糖を入れ、メレンゲを作る。
(2)鍋に水と寒天を入れ、火にかけ、寒天を溶かす。
C(仕上げ)
(1) B-(2)をAと合わせ、さらにB-(1)のメレンゲと合わす。型に入れ、冷蔵庫で冷まし固める。
(2)生クリームと砂糖で飾り用のクリームを作る。
(3) C-(1)が固まれば、適当な大きさに切り分け、C-(2)を加え完成。

材料:分量(4人分)

●岩津ねぎ・・・20g

Aねぎのカスタードクリーム(●岩津ねぎ・・・20g ●緑茶(粉末タイプ)・・・大2 ●卵黄M・・・1個 ●バター・・・20g ●砂糖・・・70g ●コーンスターチ・・・10g ●牛乳・・・130cc)

Bメレンゲと寒天液(●水・・・100cc ●寒天・・・3g ●砂糖・・・20g ●卵白M・・・1個)

C仕上げ(●生クリーム・・・30cc ●砂糖・・・10g ●あずき(缶詰)・・・適宜)

 

特別賞

焼きねぎ入り生春巻き

焼きねぎ入り生春巻き 

(1)下準備として、ねぎは白い部分と青い部分を約10cmに切り、フライパンで軽く焼く。むね肉は、フォークで数回穴をあけ、塩・砂糖を適量すり込み、酒を20から30cc入れ蒸す、その後10cm位細長く切る。春雨をお湯に5分浸し、ザルにあげる。パプリカを5cm位縦に細く切る。
(2)生春巻きをぬらした後、まな板に広げ、Aの具をそれぞれ入れ白いねぎに、さんしょみそを塗り、全部一緒に巻き込む。
(3)お召し上がりの際には、お好みのタレを付け食べる。

材料:分量(4人分)

●岩津ねぎ・・・5本 ●生春巻き・・・10枚

A生春巻きの具(●むね肉・・・250g ●春雨・・・40g ●赤パプリカ・・・1個 ●さんしょみそ・・・少々 ●酒・・・大2)

たれ2種 (1)中華風だれ(料理酢:ごま油:醤油・・・2:1:1)

      (2)スイートチリソース

 

特別賞

岩津ねぎと里芋のコロッケ

岩津ねぎと里芋のコロッケ 

(1)里芋は皮つきのまま、よく洗い、蒸し器または電子レンジで、やわらかくなるまで、火を通す。熱いうちに皮をむき、つぶしておく。
(2)ベーコンは1cmくらいに切る。
(3)岩津ねぎは1cmくらいの小口切り。
(4)フライパンでベーコンを炒め、岩津ねぎも入れて炒める。
(5)つぶした里芋に、醤油、だしの素、(4)を入れよく混ぜる。
(6)コロッケ型に形を整え、小麦粉、卵、パン粉の順につける。
(7)170℃くらいに熱した油で、色よく揚げる。

材料:分量(4人分)

●岩津ねぎ・・・3から4本 ●里いも・・・700から800g ●ベーコン・・・4枚 ●しょうゆ・・・少々 ●だしの素・・・少々 ●サラダ菜・・・適当 ●卵・・・1個 ●小麦粉・・・適当 ●パン粉・・・適当 ●サラダ油

 

特別賞

岩津ねぎと豚肉のミルフィーユ蒸し

岩津ねぎと豚肉のミルフィーユ蒸し 

(1)岩津ねぎを斜めにスライスする。
(2)豚肉を5cm幅にカットする。
(3)耐熱容器に、ねぎを敷き豚肉を並べて、軽く塩こしょうをする。
(4) (3)を2から3回繰り返し重ねる。
(5)上にしめじ、人参をのせ、ラップをする。
(6)電子レンジで加熱する。(600wで5から10分)
(韓国風タレ)
(1) Aを混ぜ、電子レンジで30秒から1分加熱しアルコール分を飛ばす。
(2)ごま油を混ぜる。
(3)ごまをふりかける。
(和風マヨ)
(1) Bを混ぜ、かつおぶしをのせる。
(さっぱりみぞれ)
(1)ポン酢に水気をきった大根おろし、大葉の千切りをのせる。

材料:分量(4人分)

●岩津ねぎ・・・10本程度 ●豚バラ肉・・・300g ●しめじ・・・1パック ●人参 ●塩こしょう・・・少々

韓国風タレ A(●コチュジャン・・・小2 ●合わせみそ・・・小2 ●赤みそ・・・小1 ●酒・・・小2 ●みりん・・・小1 ●砂糖・・・小1) ●ごま油・・・小1 ●白ごま・・・適量

和風マヨ B(マヨネーズ・・・大3 ●白だし・・・大1)、かつおぶし・・・適量

さっぱりみぞれ (●ポン酢・大根おろし・大葉・・・適量)

 

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市役所産業振興部農林振興課

電話: 079-672-2774

FAX: 079-672-3220

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る