ページの先頭です

禁煙や受動喫煙防止に取り組みましょう

[2015年6月7日]

ID:4607

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

たばこが健康に悪影響を与えることは明らかで、特にがん、心臓病、肺や気管支の病気、歯周病などの危険性を増大させます。また、空気中のたばこの煙を吸う受動喫煙でも、同じように種々の病気の危険性が高くなります。たばこに含まれるニコチンは、麻薬やアルコールと同様に依存性薬物であり、一度吸うとなかなかやめられないという特徴をもっています。そのことも含めて、たばこは個人の嗜好にとどまらない健康問題です。たばこの害について一人ひとりが理解し、家族、地域、職場ぐるみで禁煙に取り組みましょう。

朝来市においても、「第2次朝来市健康増進計画(健康あさご21)」で下記の取り組みを推進しています。

  1. たばこの健康影響についての十分な知識の普及
  2. 禁煙や受動喫煙防止に向けた取り組みの充実
  3. 妊娠中から子育て期の禁煙に向けた取り組みの強化
  4. 禁煙希望者に対する禁煙支援

関係リンク(兵庫県)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市役所健康福祉部地域医療・健康課

電話: 079-672-5269

FAX: 079-672-5369

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る