ページの先頭です

平成27年国勢調査の実施について

[2015年12月1日]

ID:4620

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成27年は国勢調査が実施されます

センサス君とみらいちゃん


国勢調査は、非常勤の国家公務員である「国勢調査員」が世帯を訪問する方法によって行われます。

調査を進める上での最大のポイントは、すべての人と世帯をもれなく、重複なく調査することにあります。

そのためには、住人の皆さんのご協力が必要不可欠です。

日本のよりよい未来を築くため、調査へのご協力をお願いします。


 ※調査に従事する調査員をはじめ全ての者には守秘義務が課せられ、個人情報は厳格に保護されます。

行政上の基本的な資料を得るための調査

国勢調査は、行政を進めるうえで最も基本となる人口・世帯数をはじめ、男女・年齢別、産業別などの人口の構造や

世帯の構成・居住状況を明らかにするために行われるものです。

統計法で定められた最も重要な統計調査

「統計法」で、5年ごとに行うことが定められています。

調査の具体的な方法などは、「国勢調査令」と「国勢調査施行規則」に定められています。

調査の対象となる人

日本に住んでいる全ての人・世帯が対象となります。

調査票を重ねると富士山の約3倍の高さ!

平成27年国勢調査で対象となる人は約1億2800万人、世帯では約5200万世帯にのぼると予想されています。

調査事務を担う指導員・調査員は約80万人

平成27年国勢調査では、全国で約80万人の指導員・調査員が総務大臣から任命され、調査活動にあたります。

10月1日現在の調査

国勢調査では、住民票などの届け出に関係なく、平成27年10月1日(木)現在に、

  ふだん住んでいる人全て(ふだん住んでいるとみなされる人含む)

 ふだん住んでいる場所 で、世帯ごとに調査します。

外国人も調査の対象となりますが、外国の外交団・領事館(随員やその家族含む)及び外国軍隊の軍人・軍属と

その家族は調査の対象とはなりません。

便利で簡単!インターネット回答

平成27年国勢調査から、インターネットで回答できるようになりました。

このインターネット回答を推進するため、従来からの調査票の配布に先行して、

オンライン回答期間を設定する方式で実施されます。

調査員が9月10日から12日までのあいだに、世帯ごとに

「インターネット回答の利用案内」

を配布しますので、案内に従って入力してください。

インターネット回答は、パソコンやスマホで手軽にできます。(3人世帯で10分~15分程度)

インターネット回答ができるのは、9月20日までとなります。

その後、インターネット回答のなかった世帯に、調査票が配布されます。

調査の主なスケジュール

1 「インターネット回答の利用案内」の配布  9月10日から9月12日

2 インターネット回答期限 9月20日

3 「調査票」の配布 9月26日から9月30日

4 調査票の提出、確認 10月1日から

「インターネット回答の利用案内」と「調査票」は、調査員が世帯に配布します。

調査員の説明にしたがってご回答ください。

「調査票」はインターネット回答をしなかった世帯のみ配布されます。

調査結果はどんなことに利用されるの?

国勢調査の人口は、選挙区の区割り、市議会の議員定数の基準、地方交付税の算定基準など法定人口

として利用されます。

 また、将来人口・世帯数の推計などの学術研究や、社会福祉、雇用政策、防災対策などの行政資料として、

男女・年齢別人口、産業別人口、昼間人口などが利用されています。

調査にご協力をお願います

 

国勢調査の重要性や趣旨をご理解いただき、円滑な調査にご協力をお願いします。

 

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市役所市長公室総合政策課

電話: 079-672-6110

FAX: 079-672-4041

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る