ページの先頭です

非農地証明

[2018年1月30日]

ID:4792

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

非農地証明

 非農地とは、土地登記簿上の地目が農地(田・畑)で、その現状が農地以外の土地になっているもので、一定の条件を満たしている場合、現 況が農地でないという証明を発行します。

非農地証明の判断基準について

 農業委員会では、毎月開催される総会の場において、次の事項について審議を行い、非農地証明の発行について決定します。
非農地証明の判断基準
何らかの理由により耕作されていない農地

 ■下記の条件のいずれかに該当

 ・自然災害により、農地への復元が著しく困難と認められる場合

 ・森林の様相を呈し、農地に復元するための物理的条件整備が著しく困難な場合

 ・周囲の状況から見て、農地として復元しても継続して利用が出来ないと見込まれる場合

 何らかの理由により転用された農地

 ■下記の条件のすべてに該当

 ・非農地となってから20年以上経過していると認められる場合

 ・農地法第51条第1項の規定による処分対象地でない場合

 ・農業振興地域の整備に関する法律で定める農振農用地でない場合

許可の手続き

 ・申請者は朝来市農業委員会に申請書を提出(毎月月末〆切)

 ・翌月の農業委員会総会で審議され、朝来市農業委員会事務局より証明書を交付

提出書類

 非農地証明願

 【添付書類】

 登記簿謄本・付近見取図・字限図・始末書・農振農用地区域除外証明書・現況写真

 地元農業委員確認書・その他

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市農業委員会事務局
電話: 079-672-2833 ファックス: 079-672-3220

ページの先頭へ戻る