ページの先頭です

特定外来生物「ヒアリ(火蟻)」について

[2017年8月8日]

ID:6914

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

特定外来生物「ヒアリ(火蟻)」について

ヒアリは、これまで日本では見つかっていませんでしたが、6月以降、茨城、東京、神奈川、愛知、兵庫、大阪で見つかっています。ヒアリの多くは、外国から運ばれてきたコンテナの中や、コンテナを水揚げするコンテナヤードで見つかっています。

特徴について

小さいため見分けるのは難しいですが、肉眼でわかる特徴もあります。

・ 赤っぽくツヤツヤしている。腹部(おしり)の色は暗め。

・働きアリの体長は2.5mmから6.0mmほどの小さな赤茶色のアリです。いろいろな大きさのアリが混じっています。

・土で大きなアリ塚を作り、集団で生活します。

・攻撃性が強く、棒などで塚をつつくと、集団でワッと出てきて襲いかかります。

・腹部に2つのコブがある

ヒアリでないもの

・黒いアリ

・2.5mm以下の小さいアリ

・大きさに連続的変異のないもの(大きさが同じ)

【環境省資料】ヒアリの簡単な見分け方(暫定版)(外部リンク)(別ウインドウで開く)

 

もし、ヒアリと疑われるアリを発見した場合は、上記特徴を確認して、朝来市市民課または環境省近畿地方環境事務所(電話06-4792-0706)へご連絡ください。

ヒアリは強い毒をもつため、素手でさわらないでください。もし刺された場合、異変を感じた場合は、直ちに医療機関を受診してください。

 

関連情報

【環境省ホームページ】ヒアリに関する諸情報について(外部リンク)(別ウインドウで開く)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市役所市民文化部市民課

電話: 079-672-6120

FAX: 079-672-1334

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る