ページの先頭です

子どもの定期予防接種に必要な予診票について

[2021年5月13日]

ID:7487

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

子どもの定期予防接種に必要な予診票について

 お子さんが受ける定期の予防接種は、朝来市が接種に必要な費用を全額負担し実施しており、接種を受けるためには朝来市が交付している指定の予診票が必要です。 

生後2か月になるまでに乳幼児の時期に必要な予診票を『予診票つづり』として、それ以降の予診票は対象となるときに個別にお送りしています。この予診票は、予防接種を自己負担なく受けるために必要な『クーポン券』のようなものですので、それぞれの接種が終了するまで大切に保管してください。

1 交付・再交付対象の予診票(A類定期予防接種)

1)生後1か月の予診票つづりで渡しているもの

 ■ロタウイルスワクチン ■Hibワクチン ■小児用肺炎球菌ワクチン ■B型肝炎ワクチン ■4種混合ワクチン ■BCGワクチン  ■麻しん風しん混合ワクチン1期 ■水痘ワクチン ■日本脳炎ワクチン 1期

2)対象に通知しているもの

■麻しん風しん混合2期(就学の1年前)

■日本脳炎2期(高3) ※12月に通知

■2種混合(小学6年生)

3)その他:必要な方のみ

 ■子宮頸がん ■3種混合 ■不活化ポリオ ■麻しん(単独) ■風しん(単独)

2 予防接種予診票の再交付

1.保護者または被接種者からの申し出(地域医療・健康課に来所または電話で連絡をする電話672-5269)

添付ファイル

朝来市個別予防接種指定医療機関一覧

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る