ページの先頭です

朝来市住宅土砂災害対策支援事業について

[2019年1月1日]

ID:7850

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

朝来市住宅土砂災害対策支援事業について

趣旨・目的

全国各地で毎年のように土砂災害が発生しており、人命を守るため、ハード対策と併せて、危険性のある区域を明らかにし、その中で警戒避難体制の整備や一定の開発行為の制限等のソフト対策を推進するため、朝来市住宅土砂災害対策支援事業を創設しました。

この支援事業は、土砂災害のおそれのある区域に存する危険住宅の移転または改修を促進し、土砂災害の危険から居住する者の生命及び財産の保護を図ることを目的としています。

現在、兵庫県による土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域の指定調査が行われています。

土砂災害警戒区域(イエロー区域)とは

急傾斜地の崩壊等が発生した場合に、住民等の生命または身体に危害が生じるおそれがあると認められた区域を言います。

危険の周知、警戒避難体制の整備が行われます。


土砂災害特別警戒区域(レッド区域)とは

急傾斜地の崩壊等が発生した場合に、建築物に損壊が生じ住民等の生命または身体に著しい危害が生じるおそれがあると認められた区域を言います。

特定の開発行為に対する許可制、建築物の構造規制及び建築物の移転等の勧告が行われます。


朝来市住宅土砂災害対策支援事業の創設

朝来市がけ地近接等危険住宅移転事業

兵庫県が指定した土砂災害のおそれがある区域に存する危険住宅の移転を促進するため、その危険住宅の除却またはその危険住宅を除却し、危険住宅に代わる住宅の建設若しくは購入に係る経費の一部を補助します。

  <補助率>

   除却等費 : 2/3 (補助限度額 1,333千円/戸)

   建設助成費(利子相当額補助):10/10 (補助限度額 4,150千円/戸)

           (建設購入費補助):10/10 (補助限度額 2,000千円/戸)


朝来市住宅・建築物土砂災害対策改修事業

土砂災害特別警戒区域(レッド区域)内に存する住宅及び建築物の改修を促進するため、その住宅及び建築物を土砂災害に対して安全な構造に改修する経費の一部を補助します。

  <補助率>

   1/3 (補助限度額 住宅:1,000千円/戸 建築物:3,000千円/棟)


各種補助制度要綱

朝来市がけ地近接等危険住宅移転事業補助金交付要綱

朝来市住宅・建築物土砂災害対策改修事業補助金交付要綱

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市役所 都市整備部都市開発課
電話: 079-672-6127 ファックス: 079-672-3440

ページの先頭へ戻る