ページの先頭です

赤淵神社

[2021年2月5日]

ID:7992

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

赤淵神社

 赤淵神社は、枚田内高山のふもとに鎮座する式内社。

 式内社とは、延喜5年(927)にまとめられた延喜式神名帳に記載された神社のことで、市内には9社ある。

 赤淵神社の祭神は、大海龍王神、赤淵足尼神、表米宿彌神の三神で、赤淵足尼命は表米宿彌命の祖神である。
 神社略記によると大化元年(645)、表米宿彌命が、丹後 白糸の浜に来襲した新羅の賊を討伐した際、 沈没しかけた船が、海中から浮かび上がった無数のアワビに助けられたため、そのアワビを持ち帰り、 赤淵神社に祭ったとされている。

大海龍王は海神で、アワビを使い難を救う神であると伝わり、表米宿禰命の子孫である日下部氏の一族の中には、現在もアワビを食べない風習が残っているといわれている。

本殿(国重要文化財 昭和45年6月指定)

 室町時代初期に建てられたもので三間社流造、こけら葺、桁行4.8m、梁間3.1m正面と両側面に高欄付縁をめぐらせている。

 身舎内部は内陣と外陣に分かれ、正面に格子をはめ、中央には階段を設けている。改修のあとはあるが、蟇股、懸魚、妻窓などに当時の建築様式を残している。

楼門(朝来市指定文化財 平成21年8月指定)

 かつて赤淵神社の神宮寺であった旧神淵寺の山門であったもの。創建年は不詳。

 現在の門は、文政13年(1830)に多数の喜捨によって再建されたものである。

 威風堂々としたたたずまいで、随所に丹波柏原の彫刻師 中井権次による見事な彫刻が施されている。

 2階には高欄を巡らせ、内部には大般若経が納められていた。

 この門をくぐると除疫福徳の効があると伝えられる。

勅使門(朝来市指定文化財 平成21年8月指定)

 勅使が神社に参向する際に用いる門。

 現在の門は、寛政11年(1799)に多数の喜捨により再建されたもの。

 円形の丸柱に前後2本ずつの控柱を立てた四脚門方式で、柱材にはケヤキが使用されている。

 扉の上部に見られる鳳凰の透かし彫りや、木鼻、蟇股などの見事な彫刻は、丹波柏原の彫刻師 中井丈五郎と久須善兵衛によるものである。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

組織内ジャンル

教育委員会事務局文化財課

お問い合わせ

朝来市役所教育委員会事務局文化財課

電話: 079-670-7330

FAX: 079-670-7333

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る