ページの先頭です

不法投棄は犯罪です

[2019年12月1日]

ID:8287

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

しない!させない!許さない! 不法投棄は、ダメ!ゼッタイ!

不法投棄とは

 法律では「何人もみだりに廃棄物を捨ててはならない」と規定されており、違反者には罰則があります。

 不法投棄といえば家電製品、タイヤ、自転車等が目立ちますが、個人が空き缶やたばこの吸殻、弁当ガラなどを捨てた場合も、法の精神からみれば、不法投棄の範疇に入ります。

 不法投棄が行われると、川や海や山などの自然環境が汚染され、私たちの健康や生活環境に悪影響を及ぼします。

生活ごみの不法投棄

河川の産業廃棄物の不法投棄

家電製品等の不法投棄

不法投棄は犯罪です

 不法投棄が判明した場合は、投棄物の撤去・適切な処理が命じられるだけでなく、警察に摘発され、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」より、罰則(5年以上の懲役もしくは1千万円以下の罰金またはこれらの併科)を受けることになります。 

不法投棄を見かけたら

・ 不法投棄が行われている。

・ 不法投棄をしようとしている。

・ 不法投棄をして逃げて行った。

このような場合は、すぐに警察(110番)に通報してください。

 通報時には、場所、時間、投棄物、車輌ナンバーや犯人の特徴などをお知らせいただきますと投棄した者が特定しやすくなりますのでご協力お願いします。

(注意)不審者に直接声をかけたり追跡などの行為は危険を伴うことも想定されますので絶対にしないでください。

不法投棄をされないために

 私有地にごみを不法投棄された場合、市がごみを撤去することができません。不法投棄は犯罪ですから投棄した者に処分させるのが原則ですが、投棄した者を特定できない限り投棄物を処分するのは、その土地の所有者になってしまいます。

 このような被害を防ぐために私有地を管理されている方が適正に管理していただき不法投棄されない環境づくりをしていただくことが大切です。

 土地や建物を管理するときは、外部から簡単にごみを持ち込まれないように、柵やフェンスを設置し、定期的に除草等も行い、日ごろから、土地の管理には十分な注意を心がけて、ごみを捨てられにくい環境を作りましょう。管理が行き届いてないと思われると、ごみを捨てられやすくなります。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市役所市民生活部市民課

電話: 079-672-6120

FAX: 079-672-1334

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る