ページの先頭です

グリーンスローモビリティの活用検討に向けた実証調査を実施します

[2019年10月10日]

ID:8333

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

国土交通省は、低速(時速20km未満)で公道を走行する4人乗り以上の電動自動車である”グリーンスローモビリティ”の導入を推進しており、活用検討に向けた実証調査の募集がありました。

朝来市では、地域公共交通の一環として、和田山町秋葉台団地におけるバス停との接続を企画したところ、全国7地域の1つとして選定され、実証調査を実施することとなりました。

秋葉台団地は造成から35年以上が経過し、高齢化が進む住宅団地であり、さらに住宅地全域が坂道で、中央道路以外は道路幅が狭く、グリーンスローモビリティが有効であります。

グリーンスローモビリティは、路線バス(平日毎日運行)およびアコバス(火曜・木曜運行)に合わせて接続するダイヤ・ルートで運行します。

秋葉台団地の住民の方はもちろんのこと、秋葉台団地以外の方もご利用いただき、公共交通全体の利用をお願いします。

朝来市では調査の結果を踏まえて、今後の導入を検討していきます。

 

■調査期間  令和元年10月3日(木)から23日(水)までの平日

■調査場所  朝来市和田山町秋葉台住宅団地

※その他、詳細な運行ダイヤやルートは、下記のチラシをご覧ください

グリーンスローモビリティ実証調査チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る