ページの先頭です

住民税のあらまし

[2020年1月7日]

ID:8436

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

住民税のあらまし

個人市民税は、一般には個人県民税と合わせて住民税と呼ばれ、道路・下水道・公園の整備から、教育・福祉の充実にいたる市民に身近でさまざまな行政サービスを行うために使われています。

住民税には均等の税額によって納めていただく均等割と個人の所得に応じて納めていただく所得割があります。

納税の義務について(個人の市民税・県民税の賦課期日)

個人の市民税・県民税(住民税)の納税義務者は次のとおりです。

市内に住所があるかどうか、また事業所などがあるかどうかは、その年の1月1日現在(これを賦課期日といいます。)の状況で判断します。

市内に住所がある人

納めるべき税金 均等割額+所得割額

市内に事務所・事業所または家屋敷がある方で、市内に住所がない人

納めるべき税金 均等割額

個人の住民税の非課税範囲について

以下の要件に該当される人は、個人の住民税が非課税です。非課税基準は税制改正等により年度ごとに異なります。

均等割・所得割とも非課税となる人

以下の要件に該当される人は、均等割・所得割とも非課税です。

  • 生活保護法の規定による生活扶助を受けている人

  • 前年中の合計所得金額が125万円以下で次に挙げる人
    (1:障害者 2:未成年者 3:寡婦または寡夫)

※障害者・寡婦または寡夫の条件等について、詳しくは次のページをご確認ください。

住民税の所得控除について

均等割が非課税となる人

前年中の合計所得金額が次の算式で求めた額以下の人は、均等割が非課税です。

●本人のみの場合は、28万円

●控除対象配偶者または扶養親族がある場合は、28万円×(控除対象配偶者+扶養親族数+1)+16万8千円

所得割が非課税となる人

前年中の総所得金額等の合計額が次の算式で求めた額以下の人は、所得割が非課税です。

●本人のみの場合は、35万円

●控除対象配偶者または扶養親族がある場合は、35万円×(控除対象配偶者+扶養親族数+1)+32万円

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市役所市民生活部税務課

電話: 079-672-6119

FAX: 079-672-4041

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る