ページの先頭です

セーフティネット保証制度4号(自然災害等)の認定について(国)

[2021年11月19日]

ID:8553

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症に係るセーフティネット保証制度4号(自然災害等)の認定について

概要

 この制度は、自然災害等の突発的事由(噴火、地震、台風等)により経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で借入債務の100%を保証するものです。

 ※指定期間:令和2年2月18日から令和4年3月1日まで

(新型コロナウイルス感染症に係るセーフティネット保証4号の指定期間が令和3年12月1日となっておりますが、全ての都道府県の調査及び要請を受け指定期間が3ヶ月延長となります。)

認定要件

(1)朝来市において事業を行っていること。

(2)新型コロナウイルス感染症の発生に起因して、当該感染症の影響を受けた後、原則として最近1か月の売上高等が前年同月と比べて20%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む3か月間の売上高等が前年同期と比べて20%以上減少することが見込まれること。

なお、業歴3か月以上1年1か月未満の事業者は、以下の認定基準を満たす必要があります。

 最近1か月の売上高等と最近1か月を含む最近3か月間の平均売上高等を比べて20%以上減少していること。

必要書類(全項目自筆)

(1)中小企業信用保険法第2条第5項第4号の規定による認定申請書

(2)売上高等表

(2)事業開始後3か月以上1年1か月未満の事業者用

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

手数料

無料

提出方法

朝来市役所西館2階 経済振興課

受付窓口

産業振興部 経済振興課 電話079-672-2816

注意事項

・本認定とは別に、金融機関及び信用保証協会による金融上の審査があります。

 

・セーフティネット保証の指定期間とは、中小企業者の住所地を管轄する市区町村長に対して事業者が認定申請を行うことができる期間をいいます。

 

・指定期間内に市区町村に認定申請を行った場合には、認定書の発行、及び金融機関または信用保証協会へのセーフティネット保証の申込みが指定期間後であった場合でも、セーフティネット保証の対象となります。

 

・認定書の有効期間は認定の日から30日です。認定書の有効期間内に、金融機関または信用保証協会へセーフティネット保証の申込みをすることが必要です。

(注:指定期間の延長は、「認定申請を行うことができる期間の延長」であり、既に取得されている認定書の有効期間を延長するものではありませんのでご留意ください。)

 

・認定後に認定内容と異なる事実が判明した場合は、認定書が無効になる場合があります。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る