ページの先頭です

特定外来生物である「オオキンケイギク」に対する注意喚起

[2020年5月15日]

ID:8663

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

特定外来生物である「オオキンケイギク」に対する注意喚起

オオキンケイギクは、鮮やかな黄色の花をつけて、5月から7月ごろにかけて道端や河原に見られます。この花については、見た目が美しいからといって、自宅の庭や花壇に植えてはいけません。

オオキンケイギクは、いったん定着してしまうと在来の野草の生育場所を奪い、周囲の環境を一変させてしまう可能性があることから特定外来生物に指定されています。

特定外来生物とは

もともとその地域に生息していなかったのに、他の地域から入ってきた生物を外来生物といいますが、その中でも、海外起源の外来種で特に生態系に影響を及ぼしたり、及ぼす恐れのあるものは「特定外来生物」に指定され、栽培・運搬・販売のほか、野外に放つことが原則禁止されています。

見つけたときの対処法について

オオキンケイギクは幡種、植栽、栽培が禁止されています。庭や畑など、自分の敷地内にオオキンケイギクが生えているのを見かけたら、刈り取ると同時に根から引き抜いて、2、3日天日干しをして枯死させた後、燃やすごみとして処分してください。

・花はコスモスに似た形状で直径5cmから7cm程
・葉っぱが細長く、へら状をしている

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市役所市民生活部市民課

電話: 079-672-6120

FAX: 079-672-1334

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る