ページの先頭です

森林環境譲与税の使途公表について

[2021年10月6日]

ID:9056

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

森林環境税及び森林環境譲与税について

温室効果ガス排出削減目標の達成や災害防止等を図るため、森林整備等に必要な地方財源を安定的に確保する観点から、平成31年4月に森林環境税及び森林環境譲与税が創設されました。

森林環境税は、令和6(2024)年度から個人住民税に上乗せして1人当たり1,000円が徴収されます。

森林環境譲与税は、私有林の面積や林業就業者数などに応じて市町に配分され、放置された森林の整備やそのための人材育成、木材利用の促進などの費用に充てられます。

森林環境譲与税の活用実績について

朝来市では、森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律(平成31年法律第3号)第34条第3項に基づき、その活用実績をお知らせいたします。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る