ページの先頭です

朝来市市制施行15周年記念式典を開催しました

[2020年12月1日]

ID:9141

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

朝来市市制施行15周年記念式典を開催しました

平成17年4月1日に旧朝来郡(生野町・和田山町・山東町・朝来町)が合併し誕生した朝来市は、今年15周年を迎えました。

これを記念し、11月28日(土)に和田山ジュピターホールで朝来市市制施行15周年記念式典を開催しました。

式典では、朝来市15年のあゆみを紹介する映像の上映、朝来市少年少女オーケストラの皆さんによる演奏が披露されました。

また、これまで市政に対して功績のあった皆さんを対象に、表彰を行いました。

朝来市15年のあゆみ(動画)

朝来市15年の歩みを映像で振り返りました。式典で上映した動画を公開していますので、ぜひご覧ください。

「朝来市15年のあゆみ」https://youtu.be/Rqc8cBCoLOc(別ウインドウで開く)

式典の様子

朝来市市制施行15周年記念式典の様子

多次勝昭市長式辞(要旨)

朝来市は、平成17年4月1日、旧朝来郡を構成していた4町が合併し誕生いたしました。合併協議の際は、課題山積の状況でございましたが、15年の歩みの中でしっかりと1つの自治体として成熟度を高めてこれたことは、市民の皆さまの御理解と御協力の賜物と、心からの感謝を申し上げます。

さて、市誕生以来、弛まず注力してきたことは、自律と共助の理念に裏打ちされた多様な主体による協働のまちづくりの実現でございます。市民の皆さまそれぞれが、快適で安心して生活し、諸活動が行える市政運営に邁進してまいりました。

振り返りますと、小・中学校の大規模改修・耐震補強工事、認定こども園の整備、ケーブルテレビのデジタル化、街並み環境整備、都市再生整備計画事業、乳幼児から中学校3年生までの医療費の無料化、保育料上限額の大幅な引き下げ、高齢者、障害者、女性に対する各種施策の推進、新規就農希望者支援、移住・定住事業の推進、朝来医療センターや市庁舎の整備など、これら数々の取り組みは、全国的にも注目された地域自治協議会の誕生、朝来モデルとも称される「地域おこし協力隊の受け入れ」や「住みたい田舎ランキング」での全国1位の獲得、「播但貫く 銀の馬車道・鉱石の道」の日本遺産登録といった形となって結実し、市の財産となっております。

その一方で、少子高齢化、人口減少傾向には歯止めがかからず、合併当時からの減少は約6千人になろうとしております。人口減少社会への対応は、地方の自治体にとって最優先の課題であり、私たちは、適時適切な政策を展開し、局面の打開を図らなければなりません。

市は昨年度から、市の未来づくりを考える「あさご未来会議」を開催し、多くの貴重な御意見・御提言をいただいております。その成果は、総合計画の戦略プロジェクトとしての「第2期創生総合戦略」に反映させ、人口問題に対処すると共に、「まち・ひと・しごと」の創生と持続可能な朝来市の実現のために取り組みを進めてまいります。
現在、新型コロナウイルス感染症の脅威が、全世界を覆いつくしており、予断を許さない状況にあります。コロナ禍は、人々の日常生活や企業の事業活動に大きな制約を加え、新たな価値観、生活様式、行動規範への転換を加速させています。感染症の収束までには複数年の時間を要するとの報道もあり、その影響から回復するには相当な時間を要するものと懸念いたしております。今後、感染症の拡大防止に努めながら、市民の皆さまの生命と暮らしを守り、事業者の皆さまの経済活動を支援するため、適時適切な施策展開に全力を尽くす所存でございます。

これまでの15年間の歩みを振り返りつつ、本市の素晴らしい環境と文化をさらに磨き上げ、新たな魅力を創造し、市民が誇りを持ち、私たちの「ふるさと朝来」が、この先もずっと魅力溢れる「未来へつなぐ兵庫中央交流都市 あなたが好きなまち・朝来市」を築いてまいる所存でございます。

表彰

功労者表彰 78件

功績者表彰  6件

朝来市市制施行15周年記念式典 表彰

朝来市市制15周年記念誌

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る