ページの先頭です

産婦健康診査費助成事業

[2022年4月1日]

ID:9373

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

産婦健康診査費用の一部を助成します

産後はホルモンバランスの変化にくわえ、赤ちゃん中心の生活になるなど環境も大きく変化するため、心身ともに体調を崩しやすい時期です。

お母さんのからだとこころの健康状態を確認し、安心して育児ができるようサポートするため、産婦健康診査の費用を一部助成します。

対象者

産婦健康診査受診日に朝来市に住所がある産婦

助成額

産後8週までに受けた産婦健康診査にかかる費用に対して上限5,000円(1回の出産につき1回限り)

※保険診療適用となる費用は、助成対象外です。

申請方法

「産婦健康診査費助成申請書」にご記入の上、健幸づくり推進課(朝来市保健センター)または各支所に提出してください。提出された方に『産婦健康診査費助成券』を交付します。(各支所に提出された場合は、後日交付します。)

※申請書は母子健康手帳交付時にお渡しします。または下部よりダウンロードすることもできます。

助成方法

契約医療機関で産婦健診を受けられる場合

助成券が使用できます。健診を受けられる際に「産婦健康診査費助成券」を医療機関に提出すると助成が受けられます。

※健診費用が5,000円を超える場合は、超過分を医療機関にお支払いください。

朝来市が交付する助成券が使用できる医療機関
医療機関名 住所 電話番号 
公立豊岡病院 豊岡市戸牧1094番地0796-22-6111 
公立八鹿病院養父市八鹿町八鹿1878番地1079-662-5555 
兵庫県立丹波医療センター丹波市氷上町石生2002番地7 0795-88-5200 
姫路聖マリア病院姫路市仁豊野650番地 079-265-5111 
岡本産婦人科 福知山市末広町3丁目12番地 0733-22-4319 
 市立福知山市民病院福知山市厚中町231番地 0733-22-2101 
※上記医療機関以外にも、助成券が使用できる医療機関が複数あります。詳しくは、医療機関または健幸づくり推進課に問い合わせてください。

契約医療機関以外で産婦健診を受けられる場合

「償還払い(払い戻し)」で助成します。一旦、健診費用を医療機関にお支払いいただき、健診後に手続きをしてください。

償還払い手続きに必要なもの

1.未使用の産婦健康診査費助成券(交付されている方)

2.産婦健康診査費助成金の償還払に係る請求書

 ※請求書は、健幸づくり推進課でお渡しします。、また下部からダウンロードもできます。

3.産婦健康診査の費用がわかる領収書・診療明細書(医療機関発行のもの)

4.振込先口座がわかるもの

5.請求者の印鑑(請求者と振込先口座名義人が異なる場合)

6.母子健康手帳または産婦健康診査を受けたことがわかる書類

◆注意◆

・償還払い(払い戻し)の申請は、健幸づくり推進課でのみ受け付けます。

・産婦健康診査を受けた日から1年以内に申請してください。

住所の異動のあった方はご注意ください

1.朝来市に住所登録した方

転入前の市町村で妊娠届出をした方は転入後「産婦健康診査費助成申請書」を提出してください。『産婦健康診査費助成券』を交付します。

2.朝来市外に転出した方

朝来市で交付した『産婦健康診査費助成券』は使用できません。

転出後の産婦健康診査費助成については、転出先の市区町村に問い合わせてください。

申請受付・お問合いせ窓口

受付時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

朝来市健康福祉部 健幸づくり推進課(朝来市保健センター内)

〒669-5267 朝来市和田山町法興寺378番地1

電話:679-672-5269 ファックス:079-672-5369

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市役所健康福祉部健幸づくり推進課保健医療政策・親子保健・健康増進

電話: 079-672-5269

FAX: 079-672-5369

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る