ページの先頭です

ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症の定期予防接種について

[2022年5月13日]

ID:10290

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ヒトパピローマウイルス(HPV)は、ヒトにとって特殊なウイルスではなく、多くのヒトが感染し、その一部が子宮頸がん等を発症します。100種類以上の遺伝子型があり、感染しても多くの場合、ウイルスは自然に検出されなくなりますが、一部が数年から十数年間かけて前がん病変の状態を経て子宮頸がんを発症すると言われています。

このワクチンは、平成25年4月1日から定期予防接種として、公費での接種が始まりましたが、ワクチンとの因果関係を否定できない痛みなどが発生したため、同年6月14日付の厚生労働省の通知により、接種における積極的勧奨を差し控えていました。

その後、HPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められましたので、令和3年11月26日の厚生労働省通知により、積極的勧奨の差し控えは廃止となりました。

対象の方へは順次、個別通知します。説明文をよく読み、接種を検討してください。

 

接種を検討される皆さんへ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

対象者

中学校1年生から高校1年生相当年齢の女子(13歳となる年度の初日から16歳となる年度の末日まで)

※法律上は相当小学校6年生相当の年齢から接種可

接種間隔と回数

ワクチンの種類により接種間隔が異なります。異なる種類のワクチンを交互に接種した場合の効果、安全性については十分なデータがないので、同じワクチンを3回接種してください。

サーバリックス

1月の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から6月の間隔をおいて1回

ガーダシル

2月の間隔をおいて2回行った後、1回目の接種から6月の間隔をおいて1回

積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方へ

平成25年6月以降の積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方への接種機会の確保(キャッチアップ接種)について厚生労働省より方針が示されました。

キャッチアップ接種の対象者

平成9年4月2日から平成18年4月1日の間に生まれた女性

キャッチアップ接種期間

令和4年4月から令和7年3月までの3年間

キャッチアップ接種を考えられている皆さんへ

キャッチアップ対象者のうち、自費で接種した方に対する償還払いについて

キャッチアップ対象者で、既に自費で接種をした方への償還払いは、現在検討中です。

決定しましたらこのページでお知らせしますので、該当の方は「接種記録が確認できる書類」や「接種時の領収書」を大切に保管しておいてください。

接種費用

無料

接種方法

事前に実施医療機関に接種日時等を確認の上、母子健康手帳を持参し、接種を受けてください。母子健康手帳が見当たらない場合は、健康保険証など住所・氏名・生年月日が確認できるものがあれば接種することができます。

接種実施医療機関

接種可能な市内の医療機関を公表しています。なお、接種実施医療機関に掲載されておりましても、接種できない場合がございますので、事前に診療日時や予約の有無などをご確認ください。

接種実施医療機関一覧

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

20歳になったら子宮頸がん検診を受けましょう

子宮頸がん予防ワクチンは子宮頸がんの原因となる全てのヒトパピローマウイルスに予防効果がある訳ではありません。ワクチン接種をした方も、20歳になったら必ず2年に1度の子宮頸がん検診を受けましょう。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市役所健康福祉部健幸づくり推進課保健医療政策・親子保健・健康増進

電話: 079-672-5269

FAX: 079-672-5369

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る