ページの先頭です

中高生のための学びのサードプレイスを開設!

[2018年9月25日]

ID:7690

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

中高生のための「学びのサードプレイス」開設します!

「家」でも「学校」でもない「第三の居場所」=「サードプレイス」

 

 「学びのサードプレイス」は、家庭・学校に加え、新たに中高生の主体性を育む場所として10月よりスタートするASAGOiNG人財育成プロジェクトで、試行的に生野地域と山東地域の2か所に設置します。

 「学びのサードプレイス」は、
放課後に立ち寄り、友だちとおしゃべりしたり勉強をしたりするなど友だちの家に行く感覚で使ったりするのも一つ。
いろんな大人と話をする場を企画したりやりたかったことに挑戦したりするなど自分がしたい活動をするのも一つ。
そんな、中高生たちが、それぞれにとって居心地の良い場所づくりを目指しています。

 「学びのサードプレイス」には、中高生の話し相手になったり、学びたいことや企画したいことを支援したりするコーディネーターを配置し、中高生の居場所づくりを中高生とともにつくっていきます。

開設日

平成30年10月から 毎週水曜日 放課後から学校の下校時間まで

 

開設場所

  • 生野地域 生野マインホール 1階ロビー
  • 山東地域 山東生涯学習センター 1階ふらり

コーディネーター紹介

生野地域コーディネーター

諏訪 正和 さん
 朝来市地域おこし協力隊

■メッセージ
「サードプレイスは10月から新しく始まる事業です。なのでゼロから僕たちで作りあげられるということ。自分が中高生だったころを思い出しながら、そういえばこんな場所が欲しかったよなあって場所にしたいです。みんなにとって居心地の良い空間を作ろう。」

山東地域コーディネーター

中島 英樹 さん
 (一社)朝来まちづくり機構事務局長
 梁瀬地域自治協議会事務局職員
 元朝来市地域おこし協力隊

■メッセージ
「協力隊任期中に梁瀬地域で培ってきた人たちとの関係性をもとに、中高生たちと地域のことを考え、中高生一人ひとりが未来と向き合える場にしていきたいです。楽しく語り合いましょう。」

ASAGOiNG人財育成プロジェクトとして取り組んでいます

 朝来市では、子どもから大人までの各ライフステージに沿ってまちと関わり、学ぶ機会を創出し、「主体性」「多様性」「自己肯定感」「シビックプライド」を育むことで、多岐にわたる「ASAGOiNGな人」が活躍するまちづくりを目指しています。

 中高生にとって、活躍する大人との対話から多様な考え方や生き方などに触れ新たな気づきを得る経験は、新たなことに挑戦したり自分らしさを素直に表現するなど主体性を育むことにつながります。
 そんな新たなことに挑戦できる場所であり、夢への一歩を応援してくれる仲間の集まる場所、それが「学びのサードプレイス」です。

 あなたの居場所はあなた自身が作ります。
 一緒に作ってみませんか?

フライヤー

フライヤー表面

フライヤー裏面

お問い合わせ

朝来市役所 市長公室 総合政策課創生企画係
電話: 079-672-6110 ファックス: 079-672-4041

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。