○朝来市立学校等に勤務する臨時職員の服務に関する規程

平成17年4月1日

教育委員会規程第5号

(趣旨)

第1条 この規程は、朝来市立学校等に勤務する臨時職員の身分、給与、服務及び分限に関する規則(平成17年朝来市教育委員会規則第13号)に基づき、学校等に勤務する臨時職員(学校給食調理員を除く。以下「臨時職員」という。)の服務について必要な事項を定めるものとする。

(服務の原則)

第2条 臨時職員は、指定された職務に従事するものとして常に健康に留意し、職責を自覚し、誠実公正かつ能率的に職務を遂行するよう努めなければならない。

(服務の宣誓)

第3条 新たに臨時職員になった者は、速やかに服務宣誓書(様式第1号)を朝来市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に提出しなければならない。

(勤務時間等)

第4条 臨時職員の勤務時間は、朝来市職員服務規程(平成17年朝来市訓令第28号)を準用する。ただし、勤務時間は、学校時を勘案して学校長等の定める勤務時間によることができる。

(出勤簿)

第5条 臨時職員は、定刻までに出勤し、直ちに出勤簿(様式第2号)に自ら押印しなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、タイムレコーダーを設置する施設においては、自らタイムカードに出退勤の時刻を記録しなければならない。

(休暇欠勤簿等)

第6条 臨時職員は、勤務を要する期間において欠勤、遅参又は早退をしようとするときは、休暇欠勤簿(様式第3号様式第4号)によりあらかじめ学校長等に届け出て承認を受けなければならない。

2 前項において、急病その他やむを得ない理由により、あらかじめ承認を受けることができない場合は、速やかに学校長等に連絡し、事後に承認を受けることができる。

(執務中の心得)

第7条 臨時職員は、勤務時間中(休憩時間を除く。)みだりに執務場所を離れてはならない。

2 臨時職員は、上司の許可を受けないで、物品を学校外に持ち出し、又は他人に提示する等の行為をしてはならない。

3 臨時職員は、公務員としての品位を傷つけないようすべてに留意しなければならない。

4 臨時職員は、常に執務環境を整理し、物品器具等の保全活用に心がけなければならない。

(出張)

第8条 臨時職員は、出張を命じられた用務を終えて帰校したとき上司に随行した場合を除き、5日以内に復命書を学校長等に提出しなければならない。

2 出張の中途において、用務、天災その他やむを得ない事情により予定を変更しなければならないときは、速やかに電話等で上司に連絡し、指示を受けなければならない。

(願及び届出)

第9条 臨時職員は、次の各号のいずれかに該当することとなった場合は、その事項等を速やかに学校長等を経て教育委員会に届け出なければならない。

(1) 7日以上にわたる出張、休暇又は旅行

(2) 官公庁への出頭又は召喚に応じる場合

(3) 営利企業等に従事することの許可

(非常の際の措置)

第10条 臨時職員は、休日又は退校後に学校又はその周辺に火災その他非常事態が発生したときは、速やかに登校し、臨機の措置をとらなければならない。

(委任)

第11条 この規程の運用上必要な事項を学校長等に委任する。

附 則

この規程は、平成17年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

朝来市立学校等に勤務する臨時職員の服務に関する規程

平成17年4月1日 教育委員会規程第5号

(平成17年4月1日施行)