○朝来市立学校事務職員の職務に関する基本規程

平成17年4月1日

教育委員会規程第8号

(目的)

第1条 この規程は、学校事務職員の職務内容の明確化を図り、職務の確立を目指すとともに、学校事務職員がより積極的に学校運営に参画できるようにすることを目的とする。

(基本的な考え方)

第2条 学校事務職員の標準的職務領域及び職務内容についての基本的な考え方は、次に掲げるとおりとする。

(1) 学校運営の重要な一翼を担っている学校事務の重要性を再認識するとともに、組織運営の円滑化に努める。

(2) 学校事務職員が職員会議・各種委員会への参画、学校予算の編成・執行などを通じて教育活動にかかわり、運営、人事、情報、施設・設備などの領域において、専門性を生かして主体的・積極的に学校運営等にかかわれるよう配慮する。

(3) 学校事務職員の役割を校務分掌等に明記し、職務内容の明確化を図る。

(4) 次条の職務領域と内容は、「標準」であり、かつ「目標」として定めたので、地域の状況、学校規模、事務職員数、事務職員の経験年数など各学校の事情を考慮する。

(5) 学校事務職員の職務が円滑に行われるよう、関係規程の整備・充実等事務環境の向上を図る。

(6) 学校事務職員の職務の専門性を高めるために研修の充実を図るよう努める。

(標準的な職務領域及び内容)

第3条 朝来市立学校事務職員の標準的な職務領域及び内容については、別表に掲げるとおりとする。

附 則

この規程は、平成17年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

学校運営に係る職務領域

職務内容

学校活性化のための企画、調整、運営に関する領域

・予算の企画、編成、執行事務及び決算事務に関すること。

・学校徴収金に関すること。

・監査、検査に関すること。

・校内諸規程に関すること。

・官公庁等との連絡調整に関すること。

教職員の勤務条件に関する領域

・人事事務に関すること。

・給与、旅費等に関すること。

・服務事務に関すること。

情報の効果的・効率的な活用を図るための領域

・情報、文書の整理、保管等に関すること。

・調査、統計に関すること。

・情報の保護及び効率的な管理・活用に関すること。

学校施設等環境を整備、推進するための領域

・施設設備の維持管理に関すること。

・備品、物品に関すること。

児童生徒の就学保護に関する領域

・就学援助、就学奨励に関すること。

・その他就学に関すること。

教職員の福利厚生を推進するための領域

・公立学校共済組合、学校厚生会に関すること。

・公務災害等に関すること。

・その他福利厚生に関すること。

その他

・その他学校運営に必要な学校事務に関すること。

注 上記の表は、学校事務職員が学校事務の領域において、総括的に学校運営に関わる職務領域、職務内容を示したものであり、他の職員の担当する職務内容も含まれる。

朝来市立学校事務職員の職務に関する基本規程

平成17年4月1日 教育委員会規程第8号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第7編 教育・文化/第2章 学校教育/第1節
沿革情報
平成17年4月1日 教育委員会規程第8号