○朝来市図書館条例施行規則

平成17年4月1日

教育委員会規則第24号

(趣旨)

第1条 この規則は、朝来市図書館条例(平成17年朝来市条例第118号)第9条の規定に基づき、朝来市図書館(以下「図書館」という。)の管理運営等に関し必要な事項を定めるものとする。

(事業)

第2条 図書館は、次に掲げる事業を行う。

(1) 図書その他の図書館資料(以下「資料」という。)の収集、整理及び保存

(2) 資料の個人貸出し及び団体貸出し

(3) 読書案内及び読書相談

(4) レファレンス・サービス

(5) 読書会、読み聞かせ、研究会、講習会、鑑賞会、資料展示会等の主催及び奨励

(6) 他の図書館、学校、公民館、社会教育施設等との連絡及び協力並びに資料の借入れ又は貸出し(以下「相互貸借」という。)

(7) 前各号に掲げるもののほか、図書館の目的達成のために必要な事業

(開館時間)

第3条 図書館の開館時間は、次に掲げるとおりとする。

(1) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「祝日」という。)を除く火曜日から金曜日の開館日は、午前10時から午後7時までとする。

(2) 前号以外の開館日は、午前10時から午後6時までとする。

2 館長が必要と認めるときは、教育長の承認を得て、これを変更することができる。

(休館日)

第4条 図書館の休館日は、次のとおりとする。

(1) 月曜日(国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(この号において「休日」という。)の場合は、当該日直後の休日でない日)

(2) 12月29日から翌年の1月3日までの日

(3) 館内整理日のため毎月定めた日

(4) 特別整理期間のため毎年1回10日以内の連続する日

2 館長が必要と認めるときは、前項の規定にかかわらず、教育長の承認を得て、これを変更し、又は臨時に休館することができる。

(利用の制限)

第5条 この規則又は館長の指示に従わない者に対して、館長は、資料の利用を禁止することができる。

(損害の弁償)

第6条 利用者が設備、資料等を損傷し、又は紛失したときは、現品又は相当の代価をもって弁償しなければならない。

(貸出しの対象者)

第7条 資料の貸出しを利用することができる者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 市内に在住する者

(2) 市内に在勤、在校する者

(3) 市内の事業所、機関その他の団体

(4) 兵庫県豊岡市、養父市、丹波市、宍粟市、神河町、多可町又は京都府福知山市の区域内に在住する者(第2号の者を除く。)

(5) 前各号に掲げるもののほか、館長が特に必要と認める者

(貸出しの手続)

第8条 資料の貸出しを利用しようとする者は、図書館が発行し交付した貸出券を提示しなければならない。

2 貸出券の交付を受けようとする者は、図書貸出券申込書(別記様式)に必要事項を記入し、かつ、必要書類を提示の上館長に提出しなければならない。

(貸出券の紛失等)

第9条 貸出券を紛失したときは、速やかに館長に届け出なければならない。

2 貸出券が本人以外によって使用され、その損害が生じたときは、その責めは、本人に帰するものとする。

3 貸出券を紛失等した者が、再度、貸出券の交付を受けようとするときは、再交付に係る実費を負担するものとする。

(資料の貸出数及び期間)

第10条 資料の貸出数は、個人の場合は10冊(点)以内、団体の場合は100冊(点)以内とする。

2 資料の貸出期間は、個人の場合は14日以内、団体の場合は28日以内とする。

3 前2項の規定にかかわらず、館長が必要と認めるときは、資料の貸出数及び貸出期間を別に指定することができる。

(資料の返納)

第11条 資料を返納期間内に返納しなかった者に対し、館長は、状況により一定期間資料の利用を禁止することができる。

(貸出禁止資料)

第12条 図書館長が必要と認める資料については、館外への貸出しを禁止することができる。

(資料の相互貸借)

第13条 図書館長は、他の図書館(以下「他館」という。)又は利用者の求めに応じ、他館と相互貸借を行うことができる。

2 前項の相互貸借に伴う費用については、利用者の求めによるときは利用者が、他館からの求めによるときは他館が負担するものとする。

(資料の受贈)

第14条 図書館は、資料の寄贈を受け、他の資料と同様の取扱いにより一般の利用に供することができる。

(資料の委託)

第15条 図書館は、資料の委託を受けることができる。

2 委託資料は、図書館所有の資料と同様の取扱いをする。

3 図書館は、委託資料の損害又は紛失についての責めは負わない。

(図書館協議会)

第16条 図書館協議会(以下「協議会」という。)は、図書館の運営に関し、教育長の諮問に応ずるとともに、館長に対して意見を述べることができる。

(会長)

第17条 協議会に会長を置き、委員の互選によって定める。

2 会長は、協議会を代表し、会務を総理する。

3 会長に事故があるときは、あらかじめ会長の指名する委員がその職務を代理する。

(会議)

第18条 協議会の会議は、会長が招集し、会長が議長となる。

2 協議会の会議は、委員の過半数の出席がなければ開くことができない。

3 協議会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、会長が決する。

(庶務)

第19条 協議会の庶務は、図書館において処理する。

(委任)

第20条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育長の承認を得て、館長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の和田山町立図書館の管理運営に関する規則(平成7年和田山町教育委員会規則第6号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成24年教育委員会規則第5号)

この規則は、公布の日から施行し、平成24年4月1日から適用する。

附 則(平成25年教育委員会規則第1号)

この規則は、平成25年4月1日から適用する。

附 則(令和元年教育委員会規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(令和元年教育委員会規則第2号)

(施行期日)

1 この規則は、令和2年1月1日から施行する。

画像

朝来市図書館条例施行規則

平成17年4月1日 教育委員会規則第24号

(令和2年1月1日施行)