○朝来市立保育所延長保育実施要綱

平成17年4月1日

告示第35号

(趣旨)

第1条 保育所の保育時間は、児童福祉施設最低基準に基づき、1日8時間を原則として定められているが、保護者の就労形態の多様化に伴い保育時間の延長に対する需要が増加してきている状況にかんがみ、延長保育を実施する。

(実施施設)

第2条 この延長保育は、すべての市立保育所で実施する。ただし、保育所運営上支障があると認めたときは、この限りでない。

(開設日及び時間)

第3条 この延長保育は、毎週月曜日から土曜日まで(祝祭日を除く。)の午後4時から午後7時までの間とする。

(対象児童)

第4条 対象児童は、保護者及び同居の親族その他の者が次の各号のいずれかに該当する場合とする。

(1) (家庭外労働) 第3条の開設日及び時間帯において家庭外で仕事をしている場合

(2) (家庭内労働) 第3条の開設日及び時間帯において家庭内で常時仕事をしている場合

(3) (出産等) 児童の母が出産の前後である場合

(4) (疾病、負傷、心身障害) 疾病にかかり、若しくは負傷し、又は心身に障害があるため、保育ができない場合

(5) (病人の看護等) 児童の家庭に長期にわたる病人又は心身障害者があるため、常時その看護に当たっており、保育ができない場合

(6) (家庭の災害) 火災、風水害、地震等の災害により、その家屋を失ったり、破損したため、その復旧の間、保育ができない場合

(申請手続)

第5条 延長保育を必要とする保護者は、延長保育申請書(様式第1号)を提出し、保育所長の許可を受けなければならない。

2 保育所長は、延長保育を必要と認めた場合は、延長保育決定通知書(様式第2号)により、当該保護者へ通知するものとする。

(保護者負担額)

第6条 延長保育の実施を受ける保護者は、午後6時30分以降午後7時までの時間については、100円を負担するものとする。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の延長保育実施要綱(平成元年和田山町要綱第1号)又は延長保育実施要綱(平成9年朝来町要綱第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年告示第58号)

この告示は、平成18年8月16日から施行し、平成18年4月1日から適用する。

画像

画像

朝来市立保育所延長保育実施要綱

平成17年4月1日 告示第35号

(平成18年8月16日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 児童・母子(父子)福祉
沿革情報
平成17年4月1日 告示第35号
平成18年8月16日 告示第58号