○朝来市学童クラブ実施要綱

平成17年4月1日

告示第47号

(趣旨)

第1条 この告示は、放課後家庭において保護者の保護が受けられない児童(以下「留守家庭児童」という。)の保育を行う朝来市学童クラブ(以下「学童クラブ」という。)の実施に関し必要な事項を定める。

(開設場所)

第2条 学童クラブは、朝来市内の公共施設又は地域集会施設等を利用して行うものとする。

(対象者)

第3条 学童クラブの入所対象者は、朝来市内の小学校児童で留守家庭児童とする。

(定員)

第4条 学童クラブの定員は、1支援単位当たりおおむね40人とする。

(対象者の送迎)

第5条 児童の送迎は、保護者の責任において行うものとする。

(保育内容)

第6条 保育内容は、主に遊びを通して社会性のかん養、生活指導等を行うものとする。

(開設日等)

第7条 学童クラブの開設日及び開設時間は、次のとおりとする。ただし、市長が必要と認めた場合には、変更することができる。

(1) 開設日 月曜日から土曜日まで。ただし、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日、8月13日から8月15日まで及び12月29日から翌年1月5日まで並びに市長が管理運営上必要と認めた日を除く。

(2) 開設時間 開設日のうち朝来市立小学校及び中学校管理運営規則(平成17年朝来市教育委員会規則第11号)第2条第2項第5号から第7号までに掲げる休業日(以下「休業日」という。)以外の日にあっては小学校の下校時から午後6時までとし、休業日にあっては午前8時から午後6時までとする。ただし、保護者の就労等の事情があるときは、当該保護者の申出により開設時間を次のとおりとする。

 休業日以外の日 小学校の下校時から午後6時30分まで

 休業日 午前7時30分から午後6時30分まで

(入所手続)

第8条 学童クラブに入所を希望する児童の保護者は、学童クラブ入所申請書(様式第1号)により市長の承認を受けなければならない。

2 市長は、前項の保護者からの申請に当たって、誓約書等必要と認める書類の添付を求めることができる。

(入所の決定)

第9条 市長は、前条の申請に基づき入所を承認したときは、学童クラブ入所決定通知書(様式第2号)により保護者に通知するものとする。

(入所の制限)

第10条 児童が次に該当するときは、入所を拒否し、又は帰宅させることができる。

(1) 保育のほか、療育が必要と判断されるとき。

(2) 疾病があり、他に感染するおそれのあるとき。

(3) 2箇月分以上の費用(第20条の規定に基づき別に定める「おやつ代等の保護者の負担経費」を含む。)を滞納したとき。

(4) 管理運営上で、市長が不適当と認めたとき。

第11条 前条第3号に定める入所の制限は、2箇月分の滞納が発生した月の翌月の最初の開設日から行うものとする。

(退所手続)

第12条 保護者は、保育の実施中の児童を退所させようとするときは、学童クラブ退所届(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

(支援員)

第13条 学童クラブに入所した児童の保育を行うため、支援員を置く。

(支援員の服務)

第14条 支援員は、入所した児童の保育を個別的かつ集団的に適正に行い、事故防止に努めなければならない。

2 支援員は、入所した児童の状況を把握し、記録し、指導上必要な事項は、保護者及び市長に連絡しなければならない。

(費用負担)

第15条 入所した児童の保護者は、学童クラブの利用に当たり別記に掲げる費用(以下「利用料」という。)を負担しなければならない。

2 納付した利用料は、原則として還付しない。

(納入日)

第16条 利用料は、市長が前月分の納入通知書を発行してから15日以内に納入しなければならない。

(費用の減免)

第17条 市長は、次に掲げる事由があると認めるときは、利用料を減額し、又は免除することができる。

(1) 要保護及び準要保護世帯については、全額

(2) その他特別の事情により、市長が必要と認めた世帯については、5割

2 前項に基づき、利用料の減免を受けようとする児童の保護者は学童クラブ利用料減額・免除申請書(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

3 市長は、前項の減免除申請を受けたときは、審査の上学童クラブ利用料減額・免除決定通知書(様式第5号)により保護者に通知する。

(運営委員会)

第18条 学童クラブを円滑に運営するため、運営委員会を設置することができる。

2 運営委員会は、保護者及び支援員等で組織する。

(事業の委託)

第19条 市長は、この告示に基づく事業の実施が可能と判断される団体等に対し、事業を委託することができるものとする。

(委任)

第20条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の生野町学童保育実施要綱(平成16年生野町要綱第2号)、和田山町学童クラブ実施要綱(平成10年和田山町要綱第36号)又は朝来町学童クラブ実施要綱(平成13年朝来町要綱第10号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成22年告示第68号)

この告示は、平成22年7月14日から施行し、平成22年4月1日から適用する。

附 則(平成30年告示第54号)

この告示は、平成30年4月1日から施行する。

別記(第15条関係)

朝来市学童クラブ利用料

区分

午前

午後

午前・午後

8時00分~13時00分

13時00分~18時00分

8時00分~18時00分

利用料

400円

400円

800円

(注1) 上記金額は、児童1人1回当たりの利用料とする。

(注2) 月の最初から末日までの間の平日において、上記金額に利用回数を乗じて得た金額が下記金額を超えたときは、下記金額をその月の利用料の限度とする。ただし、土曜日を利用した場合の利用料は、下記の利用限度額に加算する。

区分

単位

1箇月当たりの利用限度額(平日)

8月

児童1人当たり

12,000円

8月以外

児童1人当たり

8,000円

画像

画像

画像

画像

画像

朝来市学童クラブ実施要綱

平成17年4月1日 告示第47号

(平成30年4月1日施行)