○朝来市土づくりセンター条例

平成17年4月1日

条例第174号

(設置)

第1条 有機資源を堆肥化して農地還元し、循環活用することにより環境負荷を低減し、水と緑豊かな自然を保護するとともに畜産環境と農業環境を改善し、農畜産業の振興を図ることを目的として堆肥化施設を設置する。

(名称及び位置)

第2条 堆肥化施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

朝来市土づくりセンター

朝来市八代93番地

(業務)

第3条 朝来市土づくりセンター(以下「センター」という。)は、その目的を達成するため、次に掲げる業務を行う。

(1) 家畜糞尿及び籾殻等を発酵堆肥化処理する業務

(2) 堆肥の販売並びに運搬及び散布業務

(3) その他の関係業務

(施設)

第4条 センターの施設は、別表に掲げるとおりとする。

(利用の許可)

第5条 センターを利用しようとする者(以下「利用者」という。)は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

(利用許可の取消し等)

第6条 市長は、利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、前条の使用の許可を取り消し、利用を停止させ、又は退去を命ずることができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 偽りその他不正な手段により利用の許可を受けたとき。

(3) センターの管理上支障があると認めるとき。

(利用の制限等)

第7条 市長は、センターの利用が、公序良俗に反し、若しくは公益を害するおそれがあると認めるとき、又は施設の管理上支障があると認めるとき、その他その利用を不適当と認めるときは、施設の利用を拒否し、又は制限することができる。

(利用料金)

第8条 第5条の許可を受けた利用者は、利用料金を納付しなければならない。

(利用料金の減免)

第9条 市長は、必要と認める場合、利用料金を減額し、又は免除することができる。

(指定管理者による管理)

第10条 センターの管理は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第3項の規定により、法人その他の団体であって、市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)にこれを行わせることができる。

(指定管理者の指定の申請)

第11条 前条の規定による指定を受けようとするものは、規則で定める申請書に事業計画書その他必要書類を添えて、当該指定について市長に申請しなければならない。

(指定管理者の指定)

第12条 市長は、前条の規定による申請があったときは、センターの管理を行わせるに最も適した候補者を選定し、議会の議決を経て指定管理者に指定するものとする。

(指定管理者が行う業務)

第13条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) センターの利用の許可に関する業務

(2) センターの施設及び設備の維持管理に関する業務

(3) 第3条各号に掲げる業務

(4) 市長との協議を前提とした利用料金及び利用料金の減免の取扱い業務

(5) 前各号に掲げるもののほか、センターの運営管理上必要な業務

(業務報告の聴取等)

第14条 市長は、センターの適正を期するため、指定管理者に対し、その管理の業務及び経理の状況に関し定期に、又は必要に応じて臨時に報告を求め、実地に調査し、又は必要な指示をすることができる。

(指定の取消し)

第15条 市長は、指定管理者が前条の指示に従わないときその他指定管理者の責めに帰すべき理由により当該指定管理者による管理を継続することが出来ないと認めるときは、その指定を取り消し、又は期間を定めて管理業務の全部若しくは一部の停止を命ずることができる。

2 前項の規定により指定を取り消し、又は期間を定めて管理業務の全部若しくは一部の停止を命じた場合において、指定管理者に損害が生じても市長はその賠償の責めを負わない。

(損害賠償)

第16条 指定管理者及び利用者は、その責めに帰すべき理由によりセンターの施設等を破損し、若しくは滅失し、又は汚損したときは、市長の指示するところにより、これを原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(秘密保持義務)

第17条 指定管理者又はセンターの業務に従事している者(この条において「従事者」という。)は、センターの業務により取得した個人情報が適切に保護されるよう配慮するとともに、管理に関し知り得た秘密を他に漏らし、又は自己の利益のために利用してはならない。指定管理者の指定の期間が満了し、若しくは指定を取り消され、又は従業者の職務を退いた後においても、同様とする。

(委任)

第18条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の朝来町土づくりセンター条例(平成17年朝来町条例第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとする。

別表(第4条関係)

施設

規模

発酵堆肥化施設

1棟

2,007m2

製品置場

1棟

560m2

管理棟

1棟

30m2

朝来市土づくりセンター条例

平成17年4月1日 条例第174号

(平成17年4月1日施行)