○朝来市後期高齢者医療人間ドック助成金交付要綱

平成25年3月27日

告示第9号

(目的)

第1条 この告示は、健康への意識づくりを目指し、人間ドックの受診者に対し費用の助成を行うことにより、疾病の予防、早期発見、早期治療等医療費の適正化を図ることを目的とする。

(対象)

第2条 この告示による人間ドックの助成対象者は、高齢者の医療の確保に関する法律(昭和57年法律第80号)第50条に規定する被保険者とする。ただし、同一年度に助成金の交付を受けた者及び市が実施する健康診査を受けた者を除く。

(助成対象とする診査機関)

第3条 助成交付の対象とする人間ドックの診査機関(以下「指定医療機関」という。)は、公立豊岡病院組合立病院、公立八鹿病院及び公立神崎総合病院とする。

(助成対象とする検査項目及び助成金の額)

第4条 人間ドックの検査項目は、基本健康診査、胃がん検診、肺がん検診及び大腸がん検診とし、助成金の限度額は、1万円とする。

(申請等)

第5条 この告示により、助成金の交付を受けようとする者は、後期高齢者医療人間ドック助成金交付申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請書の提出があったときは、その内容を審査し、助成を決定したときは、助成対象者に朝来市後期高齢者医療人間ドック利用助成券(様式第2号。以下「利用券」という。)を交付するものとする。

(受診)

第6条 助成対象者は、人間ドックを受診する際、指定医療機関に後期高齢者医療被保険者証を提示するとともに利用券を提出しなければならない。

(実費)

第7条 人間ドック受診のため、助成対象者が負担すべき実費は、助成対象者が受診当日に指定医療機関に支払うものとする。

(助成金の交付等)

第8条 指定医療機関は、市長に利用券を付して人間ドックの検査料金から助成対象者が負担した実費を除いた額を助成対象者に代位して請求することができるものとする。

2 市長は、前項に基づく指定医療機関からの請求内容を確認し、その内容が適正なものと認めたときは、請求額を指定医療機関に直接支払うものとし、当該支払により、助成対象者に助成金を交付したものとみなす。

(交付方法の特例)

第9条 人間ドック検査料金の全額を指定医療機関に支払った助成対象者が、助成金の交付を受けようとするときは、後期高齢者医療人間ドック助成金償還払申請書兼請求書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請書兼請求書の提出があったときは、その内容を審査し、助成を決定したときは、助成対象者に当該助成金を交付するものとする。

(委任)

第10条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この告示は、平成25年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

朝来市後期高齢者医療人間ドック助成金交付要綱

平成25年3月27日 告示第9号

(平成25年4月1日施行)