○朝来市和牛維持確保補助金交付要綱

平成28年11月1日

告示第111号

(趣旨)

第1条 この告示は、但馬牛繁殖経営安定対策事業実施要領(平成28年3月18日付け兵庫県農政環境部長通知)に基づき交付する朝来市和牛維持確保補助金(以下「補助金」という。)に関し、朝来市農林畜産振興対策事業補助金等交付規則(平成17年朝来市規則第134号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助金の交付目的)

第2条 この補助金は、市内の畜産業者等が和牛繁殖用雌子牛(以下「雌子牛」という。)を導入し、又は自家保留した際の費用の一部を補助することにより、雌子牛の増頭図ることを目的とする。

(補助対象者)

第3条 補助金の交付を受けることができる者は、市内に住所を有し、次に掲げるいずれかの要件を満たすものとする。

(1) 但馬地域で生産された雌子牛を導入し、又は自家保留を行った者であること。

(2) たじま農業協同組合長の推薦する雌子牛を導入した者であること。

(交付申請)

第4条 この補助金の交付申請をしようとする者は、規則第4条に定める補助金等交付申請書に前条各号に掲げる要件を満たすことを確認できる書類を添付するものとする。

(補助金の額)

第5条 補助金の額は、第3条各号の規定により導入し、又は自家保留を行った雌子牛1頭当たり80,000円とする。

(委任)

第6条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成28年11月1日から施行する。

(この告示の失効)

2 この告示は、平成33年3月31日限り、その効力を失う。

朝来市和牛維持確保補助金交付要綱

平成28年11月1日 告示第111号

(平成28年11月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農林水産/第1節
沿革情報
平成28年11月1日 告示第111号