○朝来市健幸づくり条例検討懇話会要綱

令和元年6月27日

告示第27号

(設置)

第1条 市民が生きがいを感じ、健康で安心、安全、豊かな生活を送ること(以下「健幸づくり」という。)ができる朝来市の実現を目指すための条例案(以下「条例案」という。)について幅広い視野からの意見を求めるため、朝来市健幸づくり条例検討懇話会(以下「懇話会」という。)を設置する。

(意見を求める事項)

第2条 懇話会に意見を求める事項は、次に掲げるとおりとする。

(1) 市民の健幸づくりを推進するための手法に関すること。

(2) 条例案に関すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか、条例案の立案に関し必要なこと。

(組織)

第3条 懇話会は、委員12人以内で組織する。

2 懇話会の委員は、次に掲げる者のうちから市長が依頼する。

(1) 健幸づくりに関して優れた識見を有する者

(2) 健幸づくり関係団体の代表者

(3) 公募による市民

(4) 前3号に掲げる者のほか、市長が必要と認める者

(任期)

第4条 委員の任期は、この告示の施行後最初に開かれる会議の日から令和2年3月31日までとする。ただし、委員が欠けた場合における補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(座長)

第5条 懇話会に、座長1人を置き、委員の互選によりこれを定める。

2 座長は、懇話会の円滑な進行に務める。

3 座長に事故があるとき、又は座長が欠けたときは、座長があらかじめ指名する者が、その職務を代理する。

(会議)

第6条 懇話会は、市長が招集する。

(意見の聴取等)

第7条 市長は、その意見を求める事項について必要があると認めるときは、懇話会の会議に関係者の出席を求め、その意見若しくは説明を聴き、又は必要な資料の提出を求めることができる。

(庶務)

第8条 懇話会の庶務は、健康福祉部地域医療・健康課において処理する。

(委任)

第9条 この告示に定めるもののほか、懇話会の運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、令和元年6月27日から施行する。

(この告示の失効)

2 この告示は、令和2年3月31日限り、その効力を失う。

朝来市健幸づくり条例検討懇話会要綱

令和元年6月27日 告示第27号

(令和元年6月27日施行)