さのう高原
さのう発   深山幽谷、幻想的な世界を後世に残すためにも
防炎シート等を使用し、火の取り扱いには気を付けましょう。
 直火、打ち上げ花火等は山火事の元、厳禁! 

  当施設のエリアルールが守れない方は
 施設利用をご遠慮下さい。

 *三密の回避(注意:1つでも感染するリスクが有ります。)
   ・換気の悪い密閉空間に留まらない。
   ・多くの人たちが集まる場所に留まらない。
   ・第三者と密着しない。
 *ウィルスを持ち込まない、増やさない、やっつける。
   ・飛沫感染防止に役立つマスクの着用。
   ・手洗いの実行。まずは30秒間の手洗いをやってみる。
     無意識に手の平、指先で「目」「鼻」「口」を触っているので、手に付いたウィルスを除去。
   ・時間と共にウィルスは増殖、拡散。事あるごとに手洗いを!
 *感染を避ける。
   ・キャパティシーを減らします。(キャンプ利用組数は概ね30組程度を目安)
   ・受付時には全員体温チェックして頂きます。(37.5℃を超える方、検温拒否の方は利用お断り)
   ・受付は1組毎の入替制。(受付建屋の出入口が1か所しか有りません)
   ・ゴミはお持ち帰りいただくか、徹底した分別。(再分別によるリスク回避)
    公共の場は皆様お一人お一人のひと手間で、清潔に保てます。
 

  ・洗い物はペーパーでふき取った後に洗う方が、簡単に洗えます。
  ・流し場へ残渣を流さない洗い方、水切りネットを利用する。
  ・屑は回収し、洗い場に放置しない。周囲に放棄しない。
 
   次に使うとき、ごみが有れば嫌な気持ちになります。
  洗った後のひと手間が
  次回気持ちよく使えます。
 
  *公共のマナーが低下中。ルールが共有出来ない利己主義の方の利用は
   お断りします。
                   ・21時以降はスリーピングタイム。お静かに!
                   ・声、楽器、スピーカー等の音量は控えめに!
                   ・ペットの世話、管理は確実に!
                   ・安らぎを覚える炎。自然に負担をかけない取扱い!
 
 9月25日

   兵庫県下に発出されています緊急事態宣言、9月30日をもって解除の方向です。

   解除後に「さのう高原」全施設の営業を再開します。
   臨時休業中は多大なるご不便、またご連絡を頂いた方々にはご不快な思いをかけ
 申し訳ございませんでした。

  TV報道にも有りました様に竹田城跡の雲海、神子畑選鉱所跡、鋳鉄橋の紅葉、生野銀山等々
 見どころがたくさん埋もれてます。
  
  嫌な虫たちもめっきりと減り、キャンプに適した季節となりました。
  キャンプの予約は出来ませんが、気が向けば訪れることができる場所の候補として
 お越し願います。

  近隣にも、古代村、魚が滝キャンプ場、峰山高原キャンプ場、矢田川キャンプ等が有ります。
 8月20日

 コロナ関連ニュース
    8月20日より9月12日まで兵庫県下全域を対象とした緊急事態宣言発出。
    県の要請
      ・アルコールの提供、持ち込み禁止。
      ・営業時間の短縮。【午後8時まで】
      ・家族単位の利用が基本。
      ・密集、密接の回避。
    県の要請を受け「市の直営施設、集客施設の営業休止」を決定。
    市の決定を受け当施設は8月23日から緊急事態宣言発出中は休業となります。
    利用者の皆様にはご迷惑とご不便をおかけしますが、ウィルス拡散防止対策の一環として
  ご理解、ご協力をお願いします。
 
    ワクチン接種も徐々にではありますが、進んでいます。拡散防止対策の第一は動かない事!
    症状が無くても知らぬ間にウィルスを保菌しているかも知れません。動かない事が拡散防止
  防疫に 繋がると考えて、ご協力程、重ねてお願いします。
     
 7月9日

  コロナ関連ニュース
   12日より兵庫県は蔓延防止処置が解除となります。
   しかしなが、飲食関連には要請が続きます。
       飲食の営業は21時半迄。
       酒類の提供は11時から20時30分迄。

  キャンプ場としては通常通り営業していますが、ウィルス拡散の可能性が有る行為は慎んでください。
  受付時間
    午前9時から午後4時。受付順に設営を許可します。
    概ね30組(設営状態で前後します)の受入が可能です。

 7月4日

   予想に反し、大雨にならず、朝から曇り空。
   昨日からのお客様も、安心して撤収し、帰路へ。

   11日迄の蔓延防止処置も兵庫県は解除されそうですが、ウィルスが消滅した訳では有りません。
   気を抜かずに、ウィルス拡散防止対策は「しっかりと」行ってください。

      知らぬ間にウィルスに罹患している?かも知れないと考え、ウィルスを拡散させない行動を。
       マスクを着用。距離を確保。集まらない。接触時間の短縮。
     屋外BBQでの感染例も報告されています。

   7月第4週の連休、梅雨明けも予想されますので、多くのお客様からの問合せを頂いています。
 申し訳ございませんが、予定組数に達し、利用をお断りする場合が有りますので、ご注意ください。
  
 5月30日

   当地で採れたそら豆を
     おすそ分けにて配布中。
   宜しければ食べてやってください。
   (今しばらく在庫は有りますが、独り占めはダメよ)
 
       皮ごと焼いて、中の豆に荒塩の味。
       
       美味しいの一言です。
5月29日 

  今週は9組のお客様。
   
    皆様思い思いのサイトで設営されていますので

  メインはこの状態。
    サッカーのし放題。完全なる疎、疎、疎です。
 5月23日
 
  トイレ個室にはアルコール消毒液、洗面には薬用洗剤を設置しています。
  ノブ、ハンドル、洋式便座に触れたときは手、指先消毒を忘れずに行いましょう。
  除菌シートも設置していますので、気になるときは利用しましょう。
  コロナウィルスに罹患しない、させない心がけ
    ひとえに手洗いと消毒が有効!
 5月22日
 緊急事態宣言により11日迄
営業を見合わせ、12日より
再開しましたが、生憎の天候で
15日の土曜日は1組でした。
 
 22日は梅雨の晴れ間にて
15組のお客様に
お越し頂きました。


 繁忙期なら40〜50組の
お客様に対応してますが

 コロナ禍にて30組程度に
留めている中での15組様の利用
さすがに「ゆとり」ある設営。


 当キャンプ場の目安
  25組程度なら余裕。
  30組程度で???
  50組だと過密。
   よって、現状は30組程度に
  制限中。ご注意ください!
  5月11日
   緊急事態宣言の延長が5月31日までと決まり
 まだまだ行動に制限がかかってますが
 制限内容が変更された事により

 5月12日(水)よりキャンプ場の営業を再開します。

 しかしながら、感染者数が高止まりしている関西圏では
ひょっとすると知らず知らずの内に自分自信も罹患しているかも知れないとの考えで、行動をお願いします。

  ウィルスを拡散させない取組として
   ・体調不調、発熱時は自宅にて安静。
   ・マスクを着用し飛沫を飛ばさない、吸い込まない。
   ・飲酒はご遠慮ください。
   ・喫煙時、会食事は要注意。
   ・ソロ、若しくは家族単位を推奨。
   ・事あるごとに手洗い、そして手の平、指先の消毒。

 貴方の手にウィルスが転移しているかも知れません。

その手で「目」「鼻」「口」に触れる前にウィルス除去を!
 
   緊急事態宣言にともなう休業
 GW期間中はご協力を頂き、有難うございました。

  GWが明けた5月6日からは八代地区に有りますお茶畑
にて新茶の刈取りが始まりました。

 昔は人手による茶摘みでしょうが、今は機械による
新芽の先を切り取ってます。
 しかしながら機械の上下に技術が必要。

 上げすぎると刈り取れないし、下げ過ぎると軸が多く
入りそう。
   緊急事態宣言によりGW期間中キャンプ場休業。

  風薫る時期、自然と戯れるには絶好のGW
 明日への活力を楽しみにしておられた皆様には
 ご迷惑、ご不便をお掛けした事、大変申し訳ありません。
 
  各種報道を見る限り、緊急事態宣言が延長される
 見通し、今しばらく休業を余儀なくされそうです。

  そこで、受付前にも掲示してますが、近隣の当日
 受入可能情報をUPします。

  神河町 
   峰山高原キャンプ場 0790−34−1900
    当日12時30分からの受付順。約200張のキャパ。
  香美町
   道の駅あゆの里矢田川 0796−95−1369
    大概、暇しているとの駅長談話。
  出石
   温楽の森キャンプ場 0796−34−8887
    グランピングが中心だが数組のキャパ有り。 
  ・メスティン炊飯に
 チャレンジ! 
  ダイソーの¥550−
 メスティンと業務用固形
 燃料25gで炊飯。
  しかしながら、風の影響
 にて、熱効率悪し!
 
  案の定、
  燃料を消費しても半生。

 風よけが必要。
 ・今度はダイソーのアルミ鍋の底と切り落とし、風防とし
て利用。
 蓋が浮くので重しが必要。
 
 
 ・風防を使い、やや多めの水量。
  お米1合を吸水させると25%の体積増。
  同量よりやや多めの水量、燃料25gの
 ほったらかし炊飯、上出来です。
  *ご飯をよそった後、メスティンを水に漬けておくと後処理が楽です。
   2月27日

 キャンプの醍醐味は不便を楽しみ、自然の一部を
間借りする事です。
 自然には優しく接し視覚、嗅覚、味覚の恩恵を
頂きますが、害をもたらす行為は厳禁!

 火力で調理し、暖を取り、炎で安らぎを感じる
グッズとして焚火が流行してますが
  利用方法の間違いが多く見受けられます

  想像力のない使用方法は「山火事」に繋がります。

  焚火台を始め、「火」を扱う道具を使用するときには
 必ず類焼の危険性が無い使用方法を心がけて下さい。


 当エリアでは
  防炎シートを用いないで
  焚火台を利用する事はお断りします。

   11月8日の朝日。
  土曜からのお客様は竹田城址に登られ
 素晴らしい雲海を見ることが出来たと
 喜ばれてました。

  土曜日の予想では雨と気温が高いので
 雲海は期待薄でしたが、夜のうちに雲が取れ
 気温が下がり、雲海条件が整った模様。


  月曜日の今日は
     朝からしぐれ模様。

  雨が降ったり、晴れたりと目まぐるしく変化
 全体的には曇り空????
 10月31日晴れ
    12時半頃にキャパティシーオーバーとなり、受付を終了しました。
  その後の数組のお客様には下記の2か所をご案内。
   生野町:魚が滝キャンプ場 079−679−4334
   神河町:峰山高原 0790−34−1516
        (12時半からホテルリクラシア前にて受付開始)
   別途、道の駅「あゆの里矢田川」も空いている様子。

  ※最近マナー、ルール違反が目立ちます。
     エリアルールがご理解いただけない場合、ご遠慮いただきます。
 9月4日(日)曇り一時雨
   初めて見るタイプです⇒

  3日にご利用頂きましたお客様、32組の80名様。 後2組程度は利用可能でした。
 因みに9月の後半の実績は
  19日が31組78名でキャパシティーオーバー。
  20日が32組81名でキャパティシーオーバー。
  21日が30組79名でキャパティシーオーバー。
        ご利用いただくお客様の設営規模により、受け入れ可能数が変化します。
  22日が4組8名
  26日が12組32名。
        連休明けの影響か????

 新型コロナ対策として余裕を持たせた受入数としていますので、受け入れ可能目安としては
30組前後にて受付終了となります。
 
 平日にご利用いただくお客様も例年になく増えています。しかしながら、週末と違い
キャパシティーオーバーの心配は今の所有りません。
 お客様が増えるのは喜ばしいことですが、残念ながらマナー低下が目立ちます。
 特にゴミ処理と洗い場の使い方。
  次にご自身が使うことを意識して丁寧な利用をお願いします。
   食器、調理器具に残った残渣はペーパーにてふき取ってから洗いましょう。
 そうするほうが早く洗えるのと洗い場が汚れません!
    残渣、油類、炭等固形物は配管を詰まらせます。
 
 9月25日(金)雨
  4連休最終日の様子
 4連休土曜日、日曜日、月曜日と当エリア始まって以来のキャパ
オーバーとなり、並んでいただいたにも係わらずご利用できなかった
お客様には申し訳け御座いません。

 ぎりぎりまで休暇予定が立たず、予約するこが困難なお客様を
受け入れたく
当日9時から4時までの受け付け順にてご利用を頂いております。

 よって、平素の週末は数組、お盆ですら20組足らずの利用状況。

 ここまで多くのお客様に立ち寄って頂き、有難うございました。
 
 気軽にご利用いただきたく、今後とも当日受付、受け付け順での
利用方法を続けさせていただきます。
 
  9月19日(土)晴れ

   週間天気予報の雨模様から、晴れ間へと変わり
   早朝より沢山のお客様に順番待ちをして頂き、約1時間早く受付を開始しましたが
 10時頃にはキャパシティーオーバーとなってしまいました。
   入場出来なかったお客様には大変申し訳けなく思います。

   本日ご利用いただきました2/3程のお客様が2泊3日のご利用ゆえ
 20日の入替予定は約10組程度(設営規模により変動します)となります。
   また、チェックアウトの時間帯は15時頃のお客様が大半です。

   夕方、近隣のキャンプ場に受け入れ状況を問合せしましたが、連絡した全ての
 キャンプ場が満杯との回答です。

   当施設対応可能時間は午前9時から午後4時までですが、少人数にて接客対応を行っています。
 よって、お電話での問い合わせには十分に対応が出来ていません。ご了承願います。
 
  7月14日(火)雨!
 
  雨が降り続いてます。このまま降り続くと、問題が発生する場合あり。

  日曜日に生野高原の新しい施設を見学してきました。

 施設外観とツリーハウスの外観、室内。それとテラスバス。まるで海外のパーティー会場。

 ドームハウスの外観。これも海外の雰囲気を醸してます。
 連絡先等はhttp://sugomori.hyogo.jp
  7月4日(土) 雨です。

    緊急事態宣言解除後、沢山のお客様にお越しいただきましたが、ここ数週間は天候に
  恵まれてません。
    
    警告!
     7月3日早朝、当施設下方、約200mの河川敷にて熊の採餌行動を目撃したとの通報を
   受けた、警察官が周囲を警戒していました。
     しばらく様子を観察した後、熊が潜んでいると思われる範囲に爆竹等で威嚇攻撃するも
   熊の存在は伺えなかった。
     通報後、警察官が到着するまでに、移動したと思われるとの事。
     よって、当地域内に移動した事も考えられるので、十二分に警戒する必要が有ります。

    当地域内では、下記行動は厳に慎み、人間の存在を先に知らせることを心がける。
     *餌となる食材、残渣を屋外に放置しない。
     *人気の少ない早朝、夜間は藪林等に近づかない。
     *動物が潜み易い藪林等の傍での野営は行わない。
  5月23日(土)

   21日、緊急事態宣言解除が近畿2府1県に発出されました。
  解除を受けて
   兵庫県は23日午前0時を以って、休業要請を解除。
   朝来市は29日より市関連施設の利用再開の決定。
   大阪府は外出自粛を求めないことを宣言。
   ※よって、当施設は5月29日(金)より全施設の営業を再開します。

   新感染症との共存を考えての経済活動再開です。
   ウィルス変異のスピードが早く、治療薬が無いのが難点ですが、罹患が疑われる場合
  自宅療養にて経過観察するのがウィルス拡散防止の特効薬と考えます。
   一人一人がウィルス拡散防止行動を行えば、必然的に罹患者数は減少すると考えてます。
   
   風評被害に繋がる誹謗中傷、個人の正義感の押し付けは止めましょう。
  
  5月15日(金)

   兵庫県を含む1都1道2府4県には緊急事態宣言の解除が行われませんでした。
   よって、今しばらくの間、当施設は休業となります。
   次回は21日(木)に再度検討するとの事ですが、望みが薄いように感ぜられ、施設
  利用を考えて頂いている皆様には、ご迷惑をお掛けしてますこと、お詫びします。

   また、解除されたとしても外出自粛要請、府県を越えての移動には制限が掛かると
  考えてます。
   どのように対応すべきか、悩みどころ。
     受け入れ組数の制限はもとより、県外の受け入れ拒否?とは言っても当地域と
    県内都市部とを比べると県外越境と同じようにも思えます。
  5月7日(木)
   緊急事態宣言延長に伴い、当施設の休業期間を5月末日まで延長します。
   残念ながら13都道府県の自治体に於いてはウィルス拡散を防止する行動要請を
  受け入れ側としても外出自粛に繋げる必要性を感じます。
   (個人的感想
    ・外出自粛要請により人々は外出を控えます。裏を返せば外出先で事業を営んでおられる
    方々の事業収入が極度に低下します。
      一部の事業者には給付金が支給されますが、対象外の事業を営んでおられる方々は
    非常に苦しんでおられます。
     政治家の皆様にはその辺りのことが見えているのか、疑わしく思えます。)
 
 
 5月1日(金)
   清々しい程の日本晴れで
 例年ならばアウトドアシーズンの到来と
 心待ちにしていた時期。
  残念ながら、新型コロナウィルスの拡散防止のため
 現在は休業中!

  
  現状の推移では5月再開は諦めムードかな?

  スカイビラ北側の珍しい桜の写真で
  エアー花見でもどうぞ。

  4月14日(火)
  ・国の緊急事態宣言を受け、兵庫県もあす15日(水)から5月6日(水)まで、営業自粛要請が
  発せられました。
  ・朝来市も本日、各施設の営業休止判断が下され、当施設も臨時休業となります。
  *臨時休業期間(但し、ウィルス拡散状況によっては延長有)
    4月15日(水)〜5月6日(水)
      スカイビラさのう(本館)
      ログハウス
      キャンプ場等各施設の利用はできません。

  申し訳ございませんが潜伏期間が約2週間と長く、その期間内での行動はウィルス拡散に繋がります。
 よって、「原因菌を持ち込まない」姿勢から当該期間の営業を休止します。
  早期にウィルスの猛威が収束し、皆様と元気にお会いできる日をお持ち申し上げます。
  適度にストレス発散し、免疫体力を向上させウィルスを封じ込めましょう。
 
   4月11日、花見は今日限りかも?
明日雨が降れば・・・・・・・・・
 4月7日の午後、緊急事態宣言が発出されましたが、知事による詳細は未だ
 気になるのは外出自粛の範囲と対象施設、それと補償の詳細。 

    さのう高原4月8日現在の桜、満開です!
  
※新型コロナウィルス拡散防止策としての緊急事態宣言、4月7日発令予定。
    
    対象府県に兵庫県が含まれる予定ですが。幸い但馬地域は除外模様。しかしながら、メディア
  報道を見る限り、受け入れには慎重に成らざるを得ません。
    
    キャンプ場、フォレストアドベンチャー等の屋外型施設では開放された空間にてウィルスの滞留
  は考えにくいですが、受付空間、移動空間では三密になる場合が有ります。
    開放された自然の中での「ストレス発散」、「こころの休息」をと、当地域のご利用を考えて頂いた
  方々へのウィルス拡散予防として、下記対応をさせて頂きます。

  三密を避ける。
   ・一日の利用組数及び人数を制限させていただきます。
     平時の半分、概ね1日20組、80名を超えた時点で利用をお断りします。
   ・飛沫拡散防止に役立マスクの着用。
   ・受付の順番待ちになる場合、各々1〜2mの間隔を開ける。
     *代表者による受付。(密度を下げる)
   ・筆記用具、ドアスイッチ・ノブ等に触れる前に、手の平・指先を消毒。
   ・閉鎖空間となる館内へ入るときは1組ずつ入館。(密度を下げる)
   ・未成年者へは保護者が責任を以って実行。
     *現時点では未成年者の行動が拡散に繋がっていると判断します。
 
※キャンプ場の利用予約は伺っておりません。ご注意ください。
    (サービス業従事者など直前まで休日が確定しない方々を受け入れるため。)