ページの先頭です

朝来市 認定こども園・保育園の利用者負担額について

[2021年5月20日]

ID:437

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

認定こども園・保育園 利用者負担額

朝来市内の認定こども園・保育園の利用者負担額は下記のとおりです。

(注)下記の表は入園される年度の4月1日時点の年齢を適用します。

利用された月の利用者負担額を翌月5日(5日が土日祝の場合は次の平日)までに口座振替または納付書で納付してください。

なお、私立こども園は各施設ごとに納付方法が異なるため、直接施設に問い合わせてください。

 

 

令和3年度 朝来市認定こども園・保育園 利用者負担額表

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

利用者負担額算定における考え方について

1.市町村民税の額は税額控除(調整控除額・税額調整措置の額を除く)を反映しない額となります。

2.これまで再算定していた旧年少扶養控除は反映されません。

3.4月から8月の利用者負担額は前年度の市町村民税額、9月から翌3月の利用者負担額は本年度の市町村民税額により決定します。

4.原則として父母の市町村民税額の合計で算定します。(別居・事実婚の場合も父母の税額を合算します。)

5.年度途中で年齢が上がった場合も、その年度中は4月1日現在の年齢を適用します。

 よって、2歳児クラスに在籍し年度途中で満3歳に到達した場合、当該年度は利用料無償化の対象とはなりません。

 3歳児クラスとなる翌年4月から利用料無償化の対象となります。

 

 

多子世帯の負担軽減

(1) 1号認定児の給食費に対する兄弟カウントは、小学校3年生までのこどもを筆頭にカウントします。
 年収360万円未満相当(市民税所得割額77,101円未満)の場合は多子カウントに年齢制限はありません。


(2) 2号認定の給食費に対する兄弟カウントは、小学校就学前までのこどもを筆頭にカウントします。
 年収360万円未満相当(市民税所得割額57,700円未満)の場合は多子カウントに年齢制限はありません。


(3) 3号認定の利用料に対する兄弟カウントは、小学校就学前までの範囲で2子目半額、3子目以降無料
 年収360万円未満相当(市民税所得割額57,700円未満)の場合は多子カウントに年齢制限はありません。

 



 

給食費について

・2号認定児の給食費は利用料の中に含まれていましたが、無償化の開始により、利用料と給食費を分けて、給食費のみ保護者負担となります。
ただし、年収360万円未満相当世帯の子どもと、全所得階層の第3子以降の子どもについては給食費は免除となります。


・1号認定児については、8月は夏休みのため給食費の徴収はありません。


・私立こども園の給食費の金額については、各施設に問い合わせてください。

 

給食費(副食費相当分)の補助について

朝来市独自の子育て支援施策として、認定こども園・保育園の給食費のうち、副食費相当分を補助しています。

上記の利用者負担額表に記載の給食費は、公立認定こども園・保育園の主食費分の料金です。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

朝来市 教育委員会事務局 こども育成課
電話: 079-677-2113 ファックス: 079-677-1513
お問い合せフォーム

ページの先頭へ戻る