ページの先頭です

新型コロナウイルス感染症に係る11月26日以降の対応について

[2021年11月26日]

ID:9892

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症に係る11月26日以降の対応について

市民のみなさまへ

 11月25日(木)に開催された兵庫県新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、兵庫県対処方針の改定が行われ、会食の人数制限の緩和を含む方針の変更がありましたので、お知らせします。

変更後の方針(主なもの)

外出自粛等について

【不要不急の外出自粛等】
〇「三つの密(密閉・密集・密接)」の回避、人と人との距離の確保のほか、マスク着用、手洗い等の基本的な感染対策を徹底してください。
〇極力家族など少人数で、混雑している場所や時間を避けて行動してください。
〇帰省や旅行・出張など都道府県間の移動は、3密の回避を含め基本的な感染防止策を徹底してください。
〇感染対策が徹底されていない飲食店、カラオケ店等の利用を厳に控えてください。
〇「新型コロナ対策適正店認証制度」認証店舗の利用を推奨します。
〇酒類を購入し、店舗の店先・路上・公園等における飲酒など、感染リスクが高い行動は自粛してください。

【5つの場面の注意等】
〇感染リスクが高まるとされる次の「5つの場面」に注意してください。
  (1)飲酒を伴う懇親会等
  (2)大人数や長時間におよぶ飲食
  (3)マスクなしでの会話
  (4)狭い空間での共同生活
  (5)休憩室、喫煙所、更衣室等
〇マスクの着用、手洗い、身体的距離の確保、「三つの密(密閉・密集・密接)」の回避等の感染防止対策を実施してください。特に、近距離の会話、移動中の車内でもマスクの着用を徹底してください。
〇毎日の検温実施など、自身の健康管理に留意し、発熱など症状のある場合には、通勤・通学を含め外出を控えるとともに、電話で医師等と相談してください。
〇屋内においては、定期的な換気や適度な保湿を行ってください。
 
【家庭での感染防止対策】
〇リスクの高い行動の自粛や基本的な感染対策の徹底など「ウイルスを家庭に持ち込まない」行動をしてください。
〇帰宅後の手洗い、換気の実施、発熱者がいる場合の個室の確保や共有部分の消毒など「ウイルスを家庭内に広げない」行動をしてください。
〇毎日の検温など家族の健康管理、発熱などの症状がある場合のかかりつけ医への相談など「ウイルスを家庭外に広げない」行動をしてください。

【飲食等】
〇業種別ガイドライン等に基づく感染防止策がなされていない、県内外の感染リスクの高い施設(特に接待を伴う飲食店、酒類の提供を行う飲食店、カラオケ等)の利用を控えてください。
〇業種別ガイドライン等に基づく感染防止策がなされていない施設における、大人数での会食や飲み会を避けてください。
〇リスクの高い施設利用後の自身の体調や行動に注意してください。
〇大声での会話や回し飲みを避けてください。
〇「新型コロナ対策適正店認証制度」認証店舗は、人数制限なし、短時間(2時間程度以内)での飲食の協力を依頼します。(年末年始は、同一グループ・同一テーブル4人以内とすることを推奨)
〇上記以外の非認証店舗は同一グループ・同一テーブル4人以内、短時間(2時間以内)とすることを要請します。

イベントの開催自粛要請等について

イベントの開催制限の目安等


   区  分

収容定員

人数上限

1

感染防止安全計画を策定し、県による確認を受けたもの(*)

100%以内

(大声なしの担保が前提)

収容定員まで

2

その他(安全計画を策定しないイベント)

大声なし:100%以内

大声あり:50%以内

5,000人または収容定員50%のいずれか大きい方

※ 収容率と人数上限のいずれか小さい方を限度
※「大声」:観客等が通常よりも大きな声量で、反復・継続的に声を発すること
(*)参加人数が5,000 人超かつ収容率50%超のイベントに適用(緊急事態措置区域及びまん延防止等重点措置区域においては5,000 人超のイベント)
 (i)「感染防止安全計画」の策定
 ・参加人数が5,000 人を超え、かつ収容率が50%を超えるイベントの開催を予定する場合には、感染防止安全計画を策定し、県対策本部事務局の事前確認を受けるよう要請します。
 (ii)その他(安全計画を策定しないイベント)
 ・県対策本部事務局所定の様式に基づく感染防止策等を記載したチェックリストを主催者等が作成・公表することを要請します。

感染対策の徹底

〇イベント等の開催に当たっては、その規模に関わらず、「三つの密(密閉・密集・密接)」が発生しない席の配置や「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、イベントの開催中や前後における選手、出演者や参加者等に対する主催者による行動管理など、基本的な感染防止策を講じることを要請します。
〇収容定員が設定されていない場合、大声ありのイベントは、十分な人と人との間隔(できるだけ2m、最低1m)を確保し、大声なしのイベントは人と人とが触れ合わない程度の間隔を確保することを要請します。
〇大声ありのイベントで十分な人と人との間隔(できるだけ2m、最低1m)の維持が困難な場合は、開催について慎重に判断することを要請します。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る