ページの先頭です

一般展示室

[2014年10月30日]

ID:226

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

古代に使われた土器や石器の展示や、パズルや模型で遊びながら古代体験できるハンズ・オン・ステージで、歴史を想像しながら紐解いていく考古学の面白さを伝えます。

一般展示室のようす
一般展示室のようす
一般展示室のようす

展示テーマと主な展示品

弥生時代

大昔のくらし:片引遺跡、仲田遺跡、宮ノ本遺跡出土品(約40点)
たたかいの時代:大盛山遺跡出土品や、市内出土のたたかいに関する出土品(約10点)
ムラのリーダー:梅田東墳墓群出土品(約100点)
その他、豊岡市気比2号銅鐸および久田谷破砕銅鐸の複製品を展示

大昔のくらし

大昔のくらし

今から二千年も昔のこと。弥生時代の人々は、ムラを中心に田畑をつくり、安定したくらしをしていました。

さまざまな形の土器

さまざまな形の土器

稲の穂摘み具(石包丁)

稲の穂摘み具(石包丁)

たたかいの時代

たたかいの時代

人々は、土地や貯えた食べ物をめぐって争いだしました。この争いは、権力をめぐる戦いへと発展していきました。

たたかいの道具(環状石具)

たたかいの道具(環状石具)

石鏃

石鏃

ムラのリーダー

ムラのリーダー

ムラを守るため、意見をまとめる人が現れました。

まつりの始まり

まつりの始まり

人々は、ムラの発展や安全を神に祈りました。
まつりの道具のひとつとして銅鐸というカネが使われました。

時代のうつりかわり

時代のうつりかわり

ムラがクニとしてまとまると、銅鐸も聞くものから見るものへと変化し、やがて銅鐸を使ったまつりは終りを迎えました。
銅鐸は埋められたり壊されたりして、弥生時代のまつりも終りを告げたのです。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

組織内ジャンル

教育委員会事務局埋蔵文化財センター

お問い合わせ

朝来市役所教育委員会事務局埋蔵文化財センター

電話: 079-670-7330

FAX: 079-670-7333

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム