○朝来市衛星携帯電話の貸与に関する要綱

平成22年8月3日

告示第69号

(趣旨)

第1条 この告示は、災害時における有線電話及び携帯電話の通信途絶の際の連絡手段を確保するため、市内の行政区に対して衛星携帯電話を貸与することに関し、必要な事項を定めるものとする。

(貸与)

第2条 市長は、災害時において道路の寸断等により孤立するおそれがある行政区の代表者(以下「被貸与者」という。)に対し、別表に掲げる物品(以下「貸与品」という。)を無償で貸与する。

(契約の締結)

第3条 前条の規定により貸与を受ける被貸与者は、衛星携帯電話貸与契約書(別記様式)により市長と契約を締結しなければならない。

(貸与品の管理)

第4条 被貸与者は、貸与品を行政区内の適切な場所に保管するとともに、常時使用可能な状態にあるよう適切に管理しなければならない。

2 被貸与者は、貸与品が故障等により良好な通信を確保できない状態となったときは、直ちに市長へ報告しなければならない。

3 被貸与者は、貸与品の原型を改変してはならない。

(貸与品の修理)

第5条 市長は、貸与品が故障等により良好な通信を確保できないと認めるときは、直ちに修理を行うものとする。

2 前項の修理に要する費用は、第7条第2項に定める場合を除き、市が負担する。

(転貸等の禁止)

第6条 被貸与者は、貸与品を第三者に譲渡し、又は貸与してはならない。

(弁償及び再貸与)

第7条 被貸与者は、貸与品を損傷し、又は紛失したときは、速やかに市長に報告しなければならない。

2 前項の貸与品の損傷又は紛失が、被貸与者の責に帰すべき理由によるときは、被貸与者がその費用を弁償するものとする。

3 市長は、第1項の報告を受けた場合において、必要があると認めるときは、代わりの貸与品を貸与することができる。

(運用経費)

第8条 貸与品に係る使用料金、通話料金及び維持管理経費は、市が負担する。ただし、次の各号に掲げるものについては、被貸与者の負担とする。

(1) 貸与品の運用に際しての電気料金

(2) 被貸与者が、災害時における有線電話及び携帯電話の通信途絶の際の連絡手段の確保その他市長が認める目的以外に使用した場合の通話料金

(貸与品の返却)

第9条 市長は、被貸与者が、この告示の規定を遵守しないときは、貸与品の返却を求めるものとする。

(委任)

第10条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この告示は、平成22年8月3日から施行する。

別表(第2条関係)

貸与する物品

数量

衛星携帯電話本体

1個

バッテリー

1個

AC/DCアダプタ

1個

プラグキット

5個

シガライターアダプタ

1個

アンテナアダプタ

1個

補助アンテナ

1本

ヘッドセット

1個

キャリーケース

1個

ソフトケース(バッグ)

1個

簡易説明書(日本語版)

1冊

画像

朝来市衛星携帯電話の貸与に関する要綱

平成22年8月3日 告示第69号

(平成22年8月3日施行)