○朝来市出生祝事業実施要綱

令和2年3月26日

告示第25号

(目的)

第1条 この告示は、次代を担う子どもの出生を祝福し、こども商品券(以下「商品券」という。)及び出生祝品を支給することにより、心身ともに健やかな成長を願い、子育てを応援することを目的に実施する朝来市出生祝事業に関し必要な事項を定めるものとする。

(支給対象者)

第2条 商品券及び出生祝品(以下「商品券等」という。)の支給を受けることができる者は、次に掲げる全ての要件を満たす者(以下「対象者」という。)とする。

(1) 令和2年4月1日以降に出生した子(以下「支給対象児」という。)を同一の世帯において養育する父又は母で、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定に基づき、市の住民基本台帳に記録されている者であること。

(2) 支給対象児の出生日以後も引き続き市内に居住する意思を有すること。

(3) 朝来市暴力団排除条例(平成25年朝来市条例第36号)第2条に規定する暴力団員又は暴力団密接関係者でないこと。

(商品券等の内容)

第3条 商品券の1枚当たりの額面は1,000円とし、出生児1人につき10枚を一組とする。

2 前項の商品券の有効期限は、当該商品券に記載された日までとする。

3 出生祝品の内容は、別に定める。

(商品券等の支給)

第4条 商品券等の支給は、市役所本庁舎又は支所において行う。

2 商品券等の支給を受けた者は、こども商品券等受領書(様式第1号)に必要事項を記入し、市長に提出するものとする。

(支給台帳)

第5条 市長は、出生祝こども商品券等支給台帳(様式第2号)を備え付け、必要事項を記録するものとする。

(委任)

第6条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、令和2年4月1日から施行する。

画像

画像

朝来市出生祝事業実施要綱

令和2年3月26日 告示第25号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 児童・母子(父子)福祉
沿革情報
令和2年3月26日 告示第25号