○朝来市JR播但線団体利用促進補助金交付要綱

令和2年3月31日

告示第41号

(趣旨)

第1条 この告示は、播但線団体利用促進補助金(以下「補助金」という。)の交付に関し、朝来市補助金等交付規則(令和2年朝来市規則第4号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助金の交付目的)

第2条 この補助金は、JR播但線の利用促進及びマイレール意識の醸成を図ることを目的とする。

(補助対象団体)

第3条 補助金の交付を受けることができるものは、次に掲げる要件を満たす団体とする。

(1) 市内に住所を有する者により構成された10人以上の団体(市が主催する事業又は学校行事若しくは公的な金銭の支給がある場合の利用は除く。)であること。

(2) 別表に掲げる市内指定旅行会社で普通乗車券(回数券及び定期券を除く。)の購入をした団体であること。

(補助対象経費)

第4条 補助金交付の対象となる経費(以下「補助対象経費」という。)は、市内駅で乗車し、又は降車する場合のJR播但線乗車区間(和田山駅から姫路駅までの区間をいう。)の普通乗車券の購入に要した経費(往復乗車券を含み、特急料金を含まない。)で旅客運賃割引制度が適用される前のものとする。

(補助金の額)

第5条 補助金の額は、補助対象経費の合計額に2分の1を乗じて得た額(10円未満の端数は、これを切り捨てる。)とする。

(交付申請)

第6条 補助金の交付を受けようとする団体の代表者(以下「申請者」という。)は、JR播但線団体利用促進補助金交付申請書兼請求書(別記様式)に次の書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 市内指定旅行会社が発行した普通乗車券購入に係る領収書(JR播但線乗車区間又は播但線経由であることが明記されているもの)

(2) 前号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

2 補助金の申請期間は、団体利用日から30日までとする。

(補助金の交付)

第7条 市長は、前条の規定による申請を受理した場合は、速やかにその内容を審査し、当該申請が適正であると認めるときは、補助金の交付を決定し、申請者の指定する金融機関の口座に補助金を振り込むものとする。

(委任)

第8条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、令和2年4月1日から施行する。

(この告示の失効)

2 この告示は、令和5年3月31日限り、その効力を失う。

別表(第3条関係)

市内指定旅行会社

住所

(株)マックアース マックトラベルサービス

朝来市和田山町枚田岡774エスタ専門店1F

(株)ドリーム観光サービス兵庫北営業所

朝来市和田山町加都1654―1

(有)いけがわ縁結びトラベル

朝来市和田山町寺谷338―1

画像

朝来市JR播但線団体利用促進補助金交付要綱

令和2年3月31日 告示第41号

(令和2年4月1日施行)