○朝来市埋蔵文化財センター観覧料の減免等に関する規則

平成17年12月27日

規則第211号

(趣旨)

第1条 この規則は、朝来市埋蔵文化財センター条例(平成17年朝来市条例第267号。以下「条例」という。)に規定する観覧料の減免等に関し必要な事項を定めるものとする。

(観覧料後納の理由)

第2条 条例第7条第2項ただし書に規定する規則で定める特別の理由があるときは、次の各号に掲げるときとする。

(1) 国、地方公共団体その他公共団体又は公共的団体の職員が公の目的で入館するとき。

(2) 国、地方公共団体その他公共団体又は公共的団体がその事業として入館するとき。

(3) 市長が特に必要があると認めるとき。

(観覧料の減免)

第3条 条例第8条に規定する特別の理由があるときは、次の各号に掲げるときとし、当該各号に定めるところにより観覧料を減額し、又は免除する。

(1) 学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する小学校、中学校、盲学校、聾学校及び養護学校の児童及び生徒が教育上の目的のために教職員に引率されて観覧するとき 免除

(2) 学校教育法第1条に規定する小学校、中学校、高等学校、盲学校、聾学校及び養護学校の教職員が、児童又は生徒を引率して入館するとき 免除

(3) 身体障害者手帳又は療育手帳の交付を受けた者(以下「障害者」という。)及び重度の障害者の介護者が観覧するとき。 免除

(4) その他市長が特に必要と認めるとき 市長が必要と認める額の減額又は免除

(観覧料の返還)

第4条 条例第9条ただし書に規定する特別の理由があるときは、次の各号に掲げるときとする。

(1) 天災地変により入館できないとき。

(2) 管理上の都合により入館できなくなったとき。

(3) その他市長が特に必要と認めるとき。

附 則

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

朝来市埋蔵文化財センター観覧料の減免等に関する規則

平成17年12月27日 規則第211号

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第7編 教育・文化/第6章 文化財
沿革情報
平成17年12月27日 規則第211号